「家飲み」に関する意識調査 

2012年07月18日
アサヒグループホールディングスの、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、6月27日(水)~7月3日(火)にインターネットで、家飲みに関する意識調査を実施し、3,318人の有効回答を得た。
■全体の7割以上が、「週2回以上は『家飲み』」と回答。男性では約4割が「ほぼ毎日」。年代別では、20代の3人に1人が「週4日以上」。
■家飲みでよく飲むお酒のトップは「缶ビール」。次に「発泡酒・新ジャンル」が続く。年代別では20代・50代以上で「缶ビール」がトップ。上位に「ノンアルコールビール」登場。休肝日・料理中の飲用など。
■家飲みのシーンで最も多いのは「夕食のとき」。家飲みの相手は、男性は「一人で」、女性は「夫婦で」がトップ。女子会を楽しむケースも。
■家での酒代は半数以上が「家計費」に計上。男性では「お小遣いから(23.4%)」、「ケースバイケース(10.8%)」を含めると約3人に1人が「お小遣い」から出費していることが明らかに。
 マイページ TOP