社会人の「自主的な学習」の実態調査 

2014年03月24日
リクルートマネジメントソリューションズは、「学習・キャリアに関する調査」を発表。自主的に行っている学習のテーマや、学習を行っている理由、行っていない理由などについて、新人・若手・中堅社員それぞれに調査を実施。(新人:入社1年目、若手:入社4年目、中堅:入社7年目)

【主な調査結果】

◆新人の54.0%、若手の58.0%、中堅の67.3%が、自主的な学習に取り組んでいない

◆自主的な学習に費やしている1週間の平均時間は新人4.96時間で最も長く、中堅3.94時間、若手3.32時間と続く

◆自主的に学習している理由は「現在の仕事でのパフォーマンス向上」が最も多い

◆学習していない理由は、年代ごとに異なる 新人「時間がとれない」、若手・中堅「趣味や私生活に時間を使っている」


【調査概要】
調査対象:従業員500名以上の企業に所属する最終学歴大卒以上のホワイトカラー総合職に従事する会社員
 ※内訳:入社1年目(新人)400名、入社4年目(若手)400名、入社7年目(中堅)400名
調査方法:インターネット
調査期間:2013年11月

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP