雨の日の消費者の購買行動調査 

2014年05月30日
Ryo-MAは、全国723名を対象に「雨の日の消費者の購買行動調査」をテーマとしたインターネットリサーチを実施。
雨の日に、消費者の購買行動に変化はあるのでしょうか。調査したところ、「雨の日の休日はいつも通り外出をしますか?」という質問に対し、「急用がない限り出かけない」と回答した人が全体の53%と半数を超える結果となりました。

また、「急用がない限り出かけない」「近所のコンビニに行く程度で、それ以外は出かけない」に出かけないと回答した消費者に対し「雨の日に自宅にいる間は何をして過ごしますか?」という質問をおこなうと、1位「テレビ・DVDを観る」2位「インターネットをする」3位「読書をする(漫画・雑誌を含む)」といった回答に票が多く集まりました。

【調査背景】

本調査は、消費者の雨の日の購買行動を調査し、これから突入する梅雨時期の消費動向を予測、小売業界の販売対策を見いだすことを目的とした調査となっております。

【調査結果】

Q1.雨の日の休日はいつも通り外出しますか? (単数回答、回答者数:723名)
雨の日の外出に関して回答者723名中、386名が「急用がない限り出かけない」と回答し、全体の53%と半数を超える結果となりました。出かけると回答した人も、自宅の近所で買い物や食事をするケースが多いようです。

また、「ちょっと足を伸ばして遠くまで出かける」を選択した消費者にその理由を尋ねてみたところ、「雨でも関係ないから」「雨で予定を変えようとは思わないから」「休日は家にいたくないから」など、雨の日に左右されることなく外出している人もいらっしゃるようです。

Q2.雨の日に自宅にいる間は何をして過ごしますか? (複数回答、回答者数:457名)
※Q1で「急用がない限り出かけない」「近所のコンビニに行く程度で、それ以外は出かけない」を選択した回答者のみ回答
自宅での過ごし方を聞いてみたところ、上位3位は、1位「テレビ・DVDを観る」(84%)2位「インターネットをする」(56%)3位「読書をする(漫画・雑誌を含む)」(37%)という結果になりました。

外出ができないため、どうしても自宅で楽しめる範囲の娯楽に留まってしまいますが、雨の日は「自分の時間」を満喫するにはもってこいの日なのかもしれません。

Q3.インターネットを利用してどのようなことをしますか? (複数回答、回答者数:256名)
※Q2で「インターネットをする」を選択した回答者のみ回答
Q2で「インターネットをする」と回答した回答者のうち、具体的にどのような目的でインターネットを利用するのか調査したところ、「ネットショッピングをする」を選択した回答者が全体の60%で、続いて53%が「ネットサーフィン」、40%が「動画サイトで動画を観る」と回答しました。

雨の日は外で買い物ができない分、ネットショッピングをする消費者が増加するのかもしれません。なんとなくネットサーフィンをしながら、あちこちのサイトを回っているうちに、ちょうど欲しかったものにめぐり会う可能性も十分に考えられます。

Q4.普段、ネットショッピングで何を購入しますか? (複数回答、回答者数:723名)
普段、ネットショッピングを利用する際、消費者はどのようなものを購入しているのか調査をおこなったところ、「本(漫画・雑誌を含む)・CD・DVD」(35%)と回答する消費者が最も多く、続いて「衣服・雑貨・アクセサリー」(34%)という結果となりました。

また、雨の日はQ3「ネットショッピングをする」(60%)という結果から、自宅でインターネットやネットショッピングをする消費者が増え、以前から気になっていたものを購入したり、たまたま見つけた商品を購入したりするケースも多いのかもしれません。

雨の日の過ごし方として、56%の人が「インターネットを利用する」と回答していることから、雨の日はネットショップにとってのビジネスチャンスと考えられるのではないでしょうか。実店舗でも「雨の日限定の割引サービス」を実施する店舗が多くありますが、実店舗に限らずネットショップでの「雨の日サービス」も十分に効力を発揮する可能性があります。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の10代~70代の男女
総回収数:723名(男性:318名 女性:405名)
実施期間:2014年5月20日~2014年5月22日の3日間

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP