「敬老の日に贈るプレゼント」に関する調査(祖父母がいる全国の20歳~39歳の男女対象) 

2016年09月15日
ECのミカタは「ECのミカタリサーチ」において祖父または祖母がいる全国の20歳~39歳の男女400人を対象に「敬老の日に贈るプレゼント」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

〈調査背景〉

9月19日(月)は多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う「敬老の日」です。「敬老の日」が毎年9月の第3月曜日であるということを知っている人は多いことでしょう。しかし、敬老の日には、母の日のカーネーションといったような定番の贈り物がありません。おじいちゃん・おばあちゃんがいる人はプレゼントの予定はあるのでしょうか。また、そのプレゼントはどこで購入するのでしょうか。今回は、祖父または祖母がいる20歳~39歳の全国の男女400人に「敬老の日に贈るプレゼント」をテーマにした意識調査を行いました。

【調査結果】

◆「敬老の日に贈るプレゼントに関する調査」主な質問と回答
・敬老の日のプレゼント予算は? :
第1位 「3,000円未満」 47.5%
第2位 「3,000円以上5,000円未満」 36.3%
第3位 「5,000円以上10,000円未満」 11.3%

・祖父に喜ばれたプレゼントは? :
第1位 「お酒」 38.6%
第2位 「お菓子」 27.7%
第3位 「洋服や装飾品」 22.8%

・祖母に喜ばれたプレゼントは? :
第1位 「お菓子」 37.2%
第2位 「花」 32.4%
第3位 「洋服や装飾品」 29.7%

■Q1.あなたは「敬老の日」が9月であることを知っていますか。(お答えは1つ)【N=400】
「敬老の日」が9月であることを知っているかどうか聞いたところ、83.5%が「はい」と回答しました。祖父または祖母がいる人の多くが9月に「敬老の日」があることを認識しています。ギフト商材を取り扱う企業様は「敬老の日ギフト」、「おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼント」など、敬老の日をテーマにした企画が有効ではないでしょうか。

■ Q2.あなたは過去2年以内で敬老の日に祖父母へプレゼントを贈ったことはありますか。(お答えは1つ)【N=400】
過去2年間の敬老の日にプレゼントを贈ったことがあるか聞いたところ、最も多かったのは「過去2年以内に、祖父母にプレゼントは贈っていない」61.5%、次に「祖父・祖母ともに贈ったことがある」23.0%、そして「祖母にのみ贈ったことがある」13.3%という結果になりました。プレゼントを贈っていない人が6割を超えていることを見ると、「敬老の日」にプレゼントという認識はあまりないと言えるかもしれません。

■ Q3-1.あなたが今までに贈った敬老の日のプレゼントで「祖父」に喜ばれたと思うものをお答えください。(お答えはいくつでも)【N=101】
【Q2】で過去2年以内で敬老の日に「祖父・祖母共にプレゼントを贈ったことがある」「祖父にのみプレゼントを贈ったことがある」と回答した方に対し、敬老の日のプレゼントで祖父に贈って喜ばれたものを聞きました。第1位は「お酒」38.6%、第2位「お菓子」27.7%、第3位「洋服や装飾品」22.8%という結果になりました。

■ Q3-2.あなたが今までに贈った敬老の日のプレゼントで「祖母」に喜ばれたと思うものをお答えください。(お答えはいくつでも)【N=145】
【Q2】で過去2年以内で敬老の日に「祖父・祖母共にプレゼントを贈ったことがある」「祖母のみにプレゼントを贈ったことがある」と回答した方に対し、敬老の日のプレゼントで祖母に贈って喜ばれたものを聞きました。第1位は「お菓子」37.2%、第2位「花」32.4%、第3位「洋服や装飾品」29.7%という結果になりました。

■ Q4.あなたは今年の敬老の日に、祖父母(祖父もしくは祖母)にプレゼントを贈る予定がありますか。(お答えは1つ)【N=400】
今年の敬老の日にプレゼントを贈る予定があるか聞いたところ、約4割が「いいえ」と答えました。一方で3割以上の人は「まだ分からない」と答えており、敬老の日のプレゼントを決めかねている方にネットショップ側から良い商品を提案できれば、プレゼントの購入につながる可能性もあるでしょう。

■ Q5.あなたが今年の敬老の日にプレゼントを贈らない理由をお答えください。(お答えはいくつでも)【N=162】
【Q4】で「今年の敬老の日にプレゼントを贈る予定はない」と答えた人に、その理由を聞いたところ、第1位は「プレゼントを贈る習慣がないから」54.9%、第2位「祖父もしくは祖母と離れて暮らしているから」34.0%、第3位「何をプレゼントすれば良いか分からないから」12.3%という結果になりました。約3割が祖父母が遠方に住んでいることを理由に挙げているところを見ると「送料無料」や「当日発送」等、配送面でのサービスが、遠方に暮らす祖父母へのプレゼントの購入を後押しできるのではないでしょうか。

■ Q6.あなたは敬老の日のプレゼントを実店舗とネットショップのどちらで購入したいと思いますか。(お答えは1つ)【N=100】
【Q4】で「今年の敬老の日にプレゼントを贈る予定がある」と答えた人にプレゼントの購入場所を聞いたところ、男性の64.0%が「実店舗」、30.0%が「ネットショップ」と答え、女性の48.0%が「実店舗」、24.0%が「ネットショップ」と答えました。祖父母に贈るプレゼントは、自分の目で実物を確認したいという人も多いのかもしれません。

■ Q7.あなたが敬老の日のプレゼントを購入する場合、プレゼントにかけたいと思う金額はいくらですか。
祖父・祖母1人あたりのプレゼント購入金額としてお答えください。(お答えは1つ)【N=400】
敬老の日のプレゼントとして祖父・祖母1人あたりにかけたいと思う金額を聞いたところ、第1位「3,000円未満」47.5%、第2位「3,000円以上5,000円未満」36.3%、第3位「5,000円以上10,000円未満」11.3%という結果になりました。この結果を見ると敬老の日のプレゼントとしては、5,000円未満で選びたい方が多いようです。敬老の日の企画を行う企業様では5,000円未満の商品を中心に、ラインナップするとよいかもしれません。

■ Q8.あなたが敬老の日のプレゼントを購入する場合、ついていたら嬉しいサービスをお答えください。(お答えはいくつでも)【N=400】
敬老の日のプレゼントを購入する場合、ついていたら嬉しいサービスを聞いたところ、第1位「全国送料無料」75.5%、第2位「ラッピング無料」45.3%、第3位「ポイントが貯まる」29.5%という結果になりました。ネットショップでは、キャンペーンに限らず「送料無料」としている企業様も多いことでしょう。敬老の日のプレゼントでは、いつも以上に「送料無料」をアピールしてみると購入につながるかもしれません。

■ Q9.あなたが敬老の日のプレゼントを購入する場合、参考にしたい情報源をお答えください。(お答えはいくつでも)【N=400】
敬老の日のプレゼントを購入する場合、参考にしたい情報源を聞いたところ、第1位「ネットショップ」35.5%という結果になりました。しかし、【Q6】においてプレゼントの購入場所は、「ネットショップ」よりも「実店舗」が人気を集めています。ネットショップは、購入につながる工夫をすることで、情報収集にとどまらず購入につなげることができるかもしれません。まるで実店舗のように商品を詳細に見られる機能や、お客様からのお問い合せフォームの設置と対応が重要となるでしょう。他にもアンケートでも希望の多かった、送料割引やラッピングサービスなど、敬老の日のプレゼントを購入する人に向け、キャンペーンを実施してもよいのではないでしょうか。


【調査概要】
調査の方法:インターネット調査
調査の対象:祖父または祖母がいる全国の男女20歳~39歳を対象に実施
有効回答数:400人 (20代・30代の男女 各100人)
調査実施日:2016年8月26日(金)~2016年8月28日(日)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP