インナーウェア・レッグウェア市場に関する調査(2016年) 

2016年10月06日
矢野経済研究所は、国内のインナーウェア・レッグウェア市場の調査を実施した。

【調査結果サマリー】

◆2015年のレディスインナーウェア市場規模は前年比98.1%の6,315億円、快適性を求めるトレンドは継続も、ヒット商品には恵まれず
 2015年のレディスインナーウェア市場規模(小売金額ベース)は、前年比98.1%の6,315億円と、4年連続の市場縮小となった。要因としては、消費税率の引き上げ後による反動減が長引いたこと、個人消費の回復の兆しが見えなかったことが挙げられる。これまで主要な購入先であった量販店、下着専門店は引き続き苦戦が続いている。また、際立ったヒット商品が出なかったことも大きい。商品のトレンドとしては、「快適」「楽ちん」「ゆったり」などがキーワードとしてあがり、快適性を求めるトレンドは継続している。

◆2015年のメンズインナーウェア市場規模は前年比99.4%の2,635億円と微減で推移
 2015年のメンズインナーウェア市場規模(小売金額ベース)は、前年比99.4%の2,635億円と3年連続で減少した。ただし、減少率は小さくなっており、カジュアルウェア専門店やECサイトなどでは売上を伸ばした。

◆2015年のレッグウェア市場規模は前年比99.8%の6,270億円、プレーンストッキングは好調に推移するも、それ以外のアイテムは伸び悩む
 2015年のレッグウェア市場規模(小売金額ベース)は、前年比99.8%の6,270億円と微減となった。2015年はプレーンストッキングが好調に推移した。靴下では、カバーソックスやショート丈ソックスが引き続き動いたが、前年に比べると売上に大きく貢献するほどではなかった。


【調査概要】
調査期間:2016年7月~9月
調査対象:インナーウェア・レッグウェア市場に参入している製造業、卸売業、小売業等
調査方法:当社専門研究員による直接面接、及び郵送アンケートならびに文献調査を併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP