2017年上半期の料理インスタグラマー・コミュニティの 3大トピックスと、下半期のトレンド予想 

2017年07月06日
アイランドが運営する、お料理フォト&動画を楽しむインスタグラマーをネットワーキングする「クッキングラマー・プロジェクト」は、この度2017年上半期にインスタグラム上で話題となったお料理トレンドの傾向を分析した「料理インスタグラマー・コミュニティの3大トピックス」を発表いたします。あわせて、2017年下半期「料理インスタグラマー・コミュニティのトレンド予想」も紹介しています。

<クッキングラマー・プロジェクトが注目する
 2017年上半期 料理インスタグラマー・コミュニティの3大トピックス>

●「#お弁当」から多数のヒットが誕生
 ~「#水玉ちらし寿司」「#オープンいなり」「#ハミ弁」~
Instagramの中で「#お弁当」の投稿数は400万件以上にのぼり(2017年6月27日現在)、今期は特にヒットが多く生まれています。丸くくり抜いた具材をすし飯の上に水玉状に飾り付ける「#水玉ちらし寿司」が800件を超える大ヒットとなったことをはじめ、通常下側で口を閉じる「いなり寿司」を上下逆にし、ごはんの上を飾り付ける「#オープンいなり」、曲げわっぱ等のおしゃれなお弁当箱ブームに逆行するように「#タッパー弁当」も人気となりました。またフタが閉まらないほど大きなおかずを、わざとはみ出すように詰めた「#ハミ弁」は、結局フタを閉めるためにどうしたのか、までの顛末がキャプション内にコミカルに描写されていることも多く、コメント欄でも盛り上がりを見せました。

●人気料理インスタグラマーの間でインスタレシピ本との「おそろい」投稿がブームに
 ~より「つながり」を楽しむ傾向~
2017年上半期は、フォロワー数13万以上のheavydrinkerさんによる「見ためは地味だがじつにウマい!」(KADOKAWA)や、フォロワー数6万人以上のutoshさんによる「とりあえず野菜食BOOK」(Gakken)など、人気料理インスタグラマーによるレシピ本出版が相次ぎました。そのような中、お祝いや情報拡散の手伝い(クチコミ)、「早速作ったよ!」という報告を兼ねて、レシピ本に掲載されている写真とほぼ同じ盛り付けの料理写真にレシピ本を並べて撮った「おそろい料理写真」の投稿が多数見受けられました。本人や出版社の依頼によるものではなく自主的に楽しんでいるそうで、料理インスタグラマー同士の関係の良さが伺えます。

●曜日に紐付いたハッシュタグの一斉投稿
 ~「#振り返りの木曜日」、「#ブルー皿マンデー」~
料理インスタグラマーとはいえ、ほぼ毎日の投稿となるとネタ探しも楽ではありません。そこで人気なのが、「曜日」に紐付いたハッシュタグです。代表的なものに、青いお皿に盛りつけた料理を月曜日に投稿する「#ブルー皿マンデー」、アボカドを使った料理を月曜日に投稿する「#アボマンデー」、過去に撮りためておいた料理写真の中から1枚を木曜日に投稿する「#振り返りの木曜日」などがあります。また曜日ごとに投稿内容が揃うことで、インスタジャック的な連帯感も楽しめます。

<クッキングラマー・プロジェクトが注目する
 2017年下半期 料理インスタグラマー・コミュニティのトレンド予想>

●まだまだ続く「#お弁当」の進化
 ~ハッシュタグ「#クッキングラム」投稿のうち、20%以上が「#お弁当」を一緒に投稿~
2017年4月にクッキングラマー・プロジェクトが独自に行った調査によると、投稿数計100万件を超える本プロジェクト推奨のハッシュタグ「#クッキングラム」で投稿されている料理写真の20%以上に一緒に「#お弁当」もつけられており、これはさらなるブームが生まれるための母数として期待ができます。インスタ映えのために、ごはんの上に具を全て乗せる「#のっけ弁」などに対応できるよう、フタの内側にスペースを持たせるタイプのお弁当箱が各メーカーから登場するなど環境も整ってきており、今後ますます料理インスタグラマーによる「#◯◯弁」のアイデアラッシュが盛り上がりを見せそうです。

●トーストアートに新風「#柄トースト」
 ~身近な材料でインスタ映え抜群~
「#トーストアート」の一種ではありますが、中でも特に果物やキャラクターを連続柄にした「#柄トースト」は、高度な絵心を必要とするキャラ弁などと違い、市販のジャムやナッツなど身近な材料を用いて比較的気軽にトライできるので、これからさらに人気が拡大するのではないかと注目しています。

●カップを伏せて「窯印/裏印」を見せる
 ~スタイリングの良いアクセントにも~
2017年6月現在、一部の料理インスタグラマーの間で行われているのは、メインの料理を盛りつけた食器とは別に、マグカップなどをわざと伏せて置き、窯印(裏印/ブランド名)を見せる手法です。人気作家の作品や有名ブランドの窯印には洗練されたデザインのものが多く、スタイリングの上で良いアクセントになる上、器好きが多い料理インスタグラマーの「自慢のコレクションを多くの人に見てもらいたい!」という気持ちの表れでもあると考えられます。従来、ハッシュタグを通して伝えていた情報を、より視覚的に表現する手法としても興味深いのではないでしょうか。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP