「終の住まい方」に関する調査(アラフィフ女性対象) 

2017年07月06日
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、アラフィフ(45-55才、以下ar50)女性を対象に「終の住まい方」に関する調査を実施しました。
シニアの住まいは日本が高齢社会となった時から度々話題になるテーマですが、老後の住まい方についてどのように考えているか、自身の老後についても悩み始めるar50女性に聴取しました。
その結果、女性は50才を境に考え方が異なることがわかりました。

【調査結果】

■終の棲家を考え始めるのは50才以降

・女性における終の棲家に対する意識を年代別で見ると、40代までは半数以上が「わからない」と回答。
・50代以降は「わからない」が35%前後まで減少しており、今の家に住み続けるか移り住むか、50才を境に具体的に考え始めている。

■終焉をどこでだれと過ごしたいか、具体的に考え始める50代

・自主調査のAround50コミュニティで「今後の住まい方について考えていることはあるか」と質問したところ、50代はより具体的、現実的に考えての意見が目立つ。
・親や子どもとの同居意向はほぼなく、夫婦二人で、ともすれば自分一人やシェアハウスで暮らしたい人も。夫(特に長男の場合)は実家に戻って両親と暮らしたいと考えており、夫婦間で住まいの展望への相違が散見される。
・また、住宅の間取りや設備などのスペックよりも、60代以降の生活を見据えて立地や住環境を重視しての転居意向も見られる。

■老後が見えないからこそ身軽にしておきたい40代

・40代は子どもの教育、親の健康状態、自分の仕事の都合など今の生活と住まいとの適合性を重視しているが、老後に対してはまだ漠然とした考えしかない様子。
・また、時代の変化により“新しい住まい方もあらわれる”という期待から「今後どんな状況になっても対応できるよう、身軽にしておきたい」という考え方も出てきている。


【調査概要】
調査手法: LINE によるオンラインコミュニティ&インタビュー・座談会
調査対象: 45~54 歳女性
メンバー数: 43 名(2017 年1 月現在/リビング新聞読者モニターより選出)
調査時期: 2016 年5 月より継続運営

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP