ニホンモニター 2017上半期番組出演本数ランキング 

2017年07月07日
ニホンモニターは、2017年1月~6月のテレビ番組出演者データを基にした『2017上半期タレント番組出演本数ランキング』をまとめました。

◇バナナマン・設楽統さん、年間首位返り咲きなるか!?◇
2017年上半期の番組出演本数ランキング1位にはバナナマン・設楽統さんが輝いた。設楽さんが1位に輝くのは2014年以来実に3年ぶり。以前からのレギュラー番組に加え、4月より新たにフジテレビ「もろもろのハナシ」がレギュラー化するなど、安定した活躍ぶりが目立った。また、昨年ブレイクタレントとして注目を集めたメイプル超合金・カズレーザーさんが13位へランクイン。冠番組としてテレビ朝日「絶対!カズレーザー」が始まるなど、今年も勢いは続いている。

女性部門ではハリセンボン・近藤春菜さんが昨年に引き続き1位の座を守ったものの、上位陣の顔ぶれに変動が。指原莉乃さんが初の3位入りを果たす一方、昨年2位の小島瑠璃子さんが9位へと順位を下げた。また、4月からTBS「Nスタ」のレギュラーとなったホラン千秋さんが4位へ、カズレーザーさんと同じく昨年ブレイクした横澤夏子さんが6位にランクインした。

◇立川志らくさん、梅沢富美男さんら大御所の活躍目立つ◇
昨年と今年を比べ、出演番組が増加したいわゆるブレイクタレント。トップは129番組増加した落語家の立川志らくさん。TBS「ひるおび」のコメンテーターを月曜から金曜の帯で務めているほか、日本テレビ「行列のできる法律相談所」やフジテレビ「ウチくる!?」などのバラエティにも出演を果たしている。また、ブレイクという言葉は非常におこがましいが、梅沢富美男さんの活躍も目立った。2017上半期の出演本数154番組は、ほぼ2016年1年間の出演本数と同等。下半期もこの勢いは続くのではないだろうか。その他カミナリさん、ANZEN漫才さんなどの若手お笑い芸人も一気にブレイクを果たした。

▼2017上半期テレビ番組出演本数ランキング(総合)

1位 設楽統(バナナマン) 361番組
【主な出演番組】ノンストップ!(CX)/奇跡体験!アンビリバボー(CX)/クレイジージャーニー(TBS)
2位 国分太一(TOKIO) 355番組
【主な出演番組】ビビット(TBS)/国分太一のおさんぽジャパン(CX)/男子ごはん(TX)
3位 近藤春菜(ハリセンボン) 269番組
【主な出演番組】スッキリ!!(NTV)/幸せ!ボンビーガール(NTV)/ニンゲン観察!モニタリング(TBS)
4位 羽鳥慎一 259番組
【主な出演番組】羽鳥慎一モーニングショー(EX)/人生が変わる1分間の深イイ話(NTV)/あのニュースで得する人損する人(NTV)
5位 坂上忍 250番組
【主な出演番組】バイキング(CX)/アウト×デラックス(CX)/有吉ゼミ(NTV)
6位 上田晋也(くりぃむしちゅー) 238番組
【主な出演番組】おしゃれイズム(NTV)/Going! Sports&News(NTV)/しゃべくり007(NTV)
6位 澤部佑(ハライチ) 238番組
【主な出演番組】しくじり先生 俺みたいになるな!!(EX)/相葉マナブ(EX)/欅って、書けない?(TX)
8位 大久保佳代子(オアシズ) 233番組
【主な出演番組】有吉反省会(NTV)/ノンストップ!(CX)/旅ずきんちゃん(TBS)
9位 春日俊彰(オードリー) 231番組
【主な出演番組】スクール革命!(NTV)/学生HEROES!(EX)/炎の体育会TV(TBS)
10位 有吉弘行 230番組
【主な出演番組】マツコ&有吉のかりそめ天国(EX)/有吉反省会(NTV)/有吉ジャポン(TBS)
10位 小峠英二(バイきんぐ) 230番組
【主な出演番組】陸海空 こんな時間に地球征服するなんて(EX)/浅草ベビ9(TX)/有田ジェネレーション(TBS)
12位 日村勇紀(バナナマン) 224番組
【主な出演番組】奇跡体験!アンビリバボー(CX)/万年B組ヒムケン先生(TBS)/優しい人なら解ける クイズやさしいね(CX)
13位 カズレーザー(メイプル超合金) 219番組
【主な出演番組】絶対!カズレーザー(EX)/良かれと思って!(CX)/沸騰ワード10(NTV)
13位 カンニング竹山 219番組
【主な出演番組】ビビット(TBS)/ノンストップ!(CX)/直撃LIVE グッディ!(CX)
15位 林修 217番組
【主な出演番組】グッド!モーニング(EX)/林修の今でしょ!講座(EX)/林先生が驚く初耳学(TBS)
16位 博多大吉(博多華丸・大吉) 215番組
【主な出演番組】ライオンのグータッチ(CX)/有吉反省会(NTV)/二軒目どうする?~ツマミのハナシ~(TX)
17位 若林正恭(オードリー) 214番組
【主な出演番組】スクール革命!(NTV)/世界ルーツ探検隊(EX)/しくじり先生 俺みたいになるな!!(EX)
18位 ビビる大木 210番組
【主な出演番組】SPORTSウォッチャー(TX)/家、ついて行ってイイですか?(TX)/PON!(NTV)
19位 加藤浩次(極楽とんぼ) 209番組
【主な出演番組】スッキリ!!(NTV)/がっちりマンデー!!(TBS)/この差って何ですか?(TBS)
20位 吉村崇(平成ノブシコブシ) 206番組
【主な出演番組】ノンストップ!(CX)/しくじり先生 俺みたいになるな!!(EX)/得する人損する人(NTV)

▼ 男性タレント部門ランキング
1位 設楽統(バナナマン) 361番組
2位 国分太一(TOKIO) 355番組
3位 羽鳥慎一 259番組
4位 坂上忍 250番組
5位 上田晋也(くりぃむしちゅー) 238番組
5位 澤部佑(ハライチ) 238番組
7位 春日俊彰(オードリー) 231番組
8位 有吉弘行 230番組
8位 小峠英二(バイきんぐ) 230番組
10位 日村勇紀(バナナマン) 224番組

▼ 女性タレント部門ランキング
1位 近藤春菜(ハリセンボン) 269番組
2位 大久保佳代子(オアシズ) 233番組
3位 指原莉乃(HKT48) 198番組
4位 ホラン千秋 195番組
5位 新井恵理那 191番組
6位 横澤夏子 189番組
7位 岡副麻希 178番組
8位 夏目三久 177番組
9位 小島瑠璃子 172番組
10位 藤田ニコル 162番組

▼ ブレイクタレント一覧
立川志らく 135番組(2016上半期番組出演本数:6番組 129番組増加)
平野ノラ 150番組(2016上半期番組出演本数:31番組 119番組増加)
カミナリ 119番組(2016上半期番組出演本数:1番組 118番組増加)
ANZEN漫才 122番組(2016上半期番組出演本数:6番組 116番組増加)
川島海荷 135番組(2016上半期番組出演本数:25番組 110番組増加)
芳根京子 114番組(2016上半期番組出演本数:5番組 109番組増加)
梅沢富美男 154番組(2016上半期番組出演本数:58番組 96番組増加)
岡田結実 110番組(2016上半期番組出演本数:20番組 90番組増加)
銀シャリ 93番組(2016上半期番組出演本数:5番組 88番組増加)
ブルゾンちえみ 78番組(2016上半期番組出演本数:0番組 78番組増加)


【調査概要 】
調査項目:タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2017年1月1日~6月30日
対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
◎グループ出演と個人出演の合算にて集計
◎アナウンサーは対象外とする
◎通販番組出演者は対象外とする
◎再放送番組は対象外とする
◎ナレーション出演は対象外とする

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP