2018年度新卒 学生実態調査 

2017年10月18日
ジョブウェブ(Jobweb)と、レジェンダ・コーポレーションは共同で、2018年新卒採用活動についての実態調査を行い、1,119名の回答を得ました。
[調査期間2017年7月12日(水)~7月24日(月)]

【調査サマリー】

2018年新卒採用活動における就活生の内々定保有率は約9割となり、過去5年で最多となりました。
内々定を承諾し就活を終了している887名に、これまでの就活についてたずねると、「非常に楽だった」とした学生が14.3%(前年比1.8pt増)と、こちらも過去5年で最多となりました。「どちらかというと楽だった」(36.3%)と合わせると50.6%になり、学生の二人に一人は、これまでの就活を振り返って「楽だった」と感じています。
エントリー社数の平均は38.4社、会社説明会の平均参加社数は20.4社と、年々活動のボリュームが減り、5年前と比べて、少ない活動量で比較的スムーズに内々定を得ている様子が浮き彫りとなりました。

1) 内々定約9割
内々定保有率は89.9%(前年比4.2pt増)と約9割になり、過去5年で最多となりました。
※調査は、経団連推奨の選考開始時期の約1か月後に行っています。

2) 就活振り返り「非常に楽だった」、過去5年で最多
内々定を承諾し、就活を終了している887名に、これまでの就活についてたずねたところ、「非常に楽だった」が14.3%(前年比1.8pt増)と、過去5年で最多となりました。「どちらかというと楽だった」と合わせると50.6%になり、学生の二人に一人は、これまでの就活を振り返って「楽だった」と感じています。

3) 活動量減少
就職活動量をたずねたところ、エントリー社数の平均は38.4社、エントリーシート提出社数の平均は17.0社、説明会参加社数の平均は20.4社となりました。この5年間で活動量が減っていることがわかります。


<調査概要>
調査対象 :2018年度新卒採用で就職活動をする学生
有効回答数:1,119名
調査方法 :インターネットによる調査 (レジェンダのアンケートWebサイトより回答)
調査期間 :2017年7月12日(水)~7月24日(月)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP