ゲームセンターに関するアンケート調査(第3回) 

2017年11月28日
マイボイスコムは、3回目となる『ゲームセンター』に関するインターネット調査を2017年10月1日~5日に実施し、10,877件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■ゲームセンターで遊ぶ人は2割強。月1回以上は約6%、利用者の約25%。一緒に行く人は、若年層は「友人・知人」、30代以上は「自分の子ども」「配偶者」の比率高い。「一人で」は2割強、男性20代で4割強
■ゲームセンターのイメージは、「お金がかかる」「うるさい」「若者向け」が3~5割で上位3位。過去調査と比べて、「若者向け」は減少傾向

【調査結果】

◆ゲームセンターで遊ぶ頻度、ゲームセンターに一緒に行く人
ゲームセンターで遊ぶ人は2割強、「半年に1回以下」が1割強でボリュームゾーンです。月1回以上利用者は約6%、ゲームセンター利用者の約25%です。

ゲームセンターに一緒に行く人は、「自分の子ども」「配偶者」がゲームセンター利用者の3~4割です。若年層は「友人・知人」、30代以上は「自分の子ども」「配偶者」の比率が高くなっています。50代以上では、「孫」が1割強みられます。「一人で」は24.3%、男性や若年層で高く、男性20代では4割強となっています。

◆ゲームセンターで遊ぶゲーム
「クレーンゲーム」で遊ぶ人はゲームセンター利用者の56.0%、「メダルゲーム」は34.8%です。「麻雀・クイズ・パズルなどのテレビゲーム」「ドライブゲーム」は男性、「クレーンゲーム」「プリントシール機」は女性で比率が高くなっています。利用時間が長い層では「メダルゲーム」、短い層では「クレーンゲーム」の比率が高い傾向です。

◆ゲームセンターで遊ぶ場面
ゲームセンターで遊ぶ場面は、「暇つぶし、時間つぶしをしたいとき」「子どもや家族の付き添い」「ゲームを楽しみたいとき」「景品が欲しいとき」がゲームセンター利用者の3~4割です。男性では「暇つぶし、時間つぶしをしたいとき」が1位で、男性20・30代では「ゲームを楽しみたいとき」、男性40代以上では「子どもや家族の付き添い」が続きます。女性20代では「景品が欲しいとき」「ゲームを楽しみたいとき」が上位2位です。女性30代以上は「子どもや家族の付き添い」が最も多くなっています。

◆ゲームセンターでの使用金額、遊ぶ時間
ゲームセンターでの使用金額は、1回あたり「500円未満」「500円~1000円未満」が各3割強と、1000円未満が7割弱となっています。女性20~40代では「500円未満」が各40%台と、他の層より使用金額が少ない傾向です。

ゲームセンターで遊ぶ時間は、1回あたり「15分~30分未満」「30分~1時間未満」が各3割強でボリュームゾーンです。30分未満は利用者の半数弱、男性20代では4割弱、女性20~40代では6割弱となっています。

◆ゲームセンター利用時の重視点
ゲームセンター利用時の重視点は、「アクセス・立地がよい」「料金が手頃」が4~5割、「ゲーム機が豊富」「駐車場が充実している」「雰囲気がよい」「景品がよい」「自分の好きな種類のゲーム機がある」などが2~3割で上位にあがっています。

◆ゲームセンターのイメージ
ゲームセンターのイメージは、「お金がかかる」「うるさい」「若者向け」が3~5割で上位3位となっています。過去調査と比べて、「若者向け」が減少傾向です。「お金がかかる」「うるさい」は、女性が男性を約11~14ポイント上回ります。男性20~40代では、「うるさい」「若者向け」の比率が低くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年10月01日~10月05日
回答者数:10,877名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP