親・祖父母世代の子育て今昔ギャップ調査(お子さんのいる方、現在妊娠中の方対象) 

2017年11月30日
三起商行は、「ミキハウスベビークラブ」会員による<親・祖父母世代の子育て今昔ギャップ調査>(回答者7033名)の調査結果を「出産準備サイト」にて発表いたします。

<調査サマリー>

・祖父母との子育ての考え方の違いについては「よくある(7.6%)」、「たまにある(37.4%)」。特にと同居している人(52.1%)や子どもが2人以上いる人(51.0%)がポイントをのばした。

・親・祖父母世代間の子育てギャップトップ3は①「(抱き癖防止に)泣いてもすぐに抱っこしない(25.2%)」、②「寒くないように厚着をさせた方が良い(18.3%)」、③「離乳食をあげるとき、自分の箸や食器をつかう(16.8%)」。

・祖父母の子育てへの関わり方に対しては半数以上が「(とても助かっているので)これからもお願いしたい(58.2%)」。

・妊娠中や子育てに祖父母がいてよかったことについては、「金銭的、物品の援助をしてくれる(68.6%)」、「子どもの面倒をよくみてくれる(64.4%)」。

・妊娠中や子育てで、祖父母との相違があった場合の伝達については、「自分の親、配偶者の親関係なく伝えられる(27.3%)」、「自分の親なら伝えられる(68.2%)」という結果に。伝える方法としては、「会った時に直接伝える(91.7%)」。

【調査結果】
育児についてママ・パパが困っていること
子育て中のママ・パパは、子どもの世話ばかりでなく、仕事や家事に毎日大忙しです。そんな中、「助けて!」と言いたくなるくらい困ってしまうのはどんな場合なのでしょう。そこで最初に、「子育て中のママ・パパが困っていること」についてたずねてみました。

〈乳児期に困ったこと〉
乳児期の子どもについて「困ったこと」のトップは、「子どもの生活リズム」で55.2%。赤ちゃんの健やかな成長を願うママ・パパは、不規則になりがちな赤ちゃんの生活が気になるようです。次が「抱っこしなくてはいけないケースが多い」の48.4%。昔は抱き癖がつくと自立心が育たないなどと言われましたが、最近は、じゅうぶん抱っこして育てた方が情緒を安定させるとして、抱っこが奨励されています。ママ・パパもできるだけ抱っこしたいとがんばっている結果、「抱っこは大変」と感じているのでしょう。3位は、「自分の時間が持てない」で42.3%。離乳食が始まると「子どもの食事」について困ったママ・パパが37.5%います。

〈幼児期に困ったこと〉
1歳以上の子どもがいる人に「幼児期で困ったこと」を聞くと、一番多かったのが67.0%の「叱り方」でした。子どもの成長を感じるママ・パパだからこそ、きちんとしかって、物事を教えたいと願うもの。「どう言えば、子どもが理解してくれるか」、「感情的にならずに叱りたい」と考えるママ・パパは多いようです。2位は「子どもの食事」についての56.5%。3位は「子どもの生活リズム」で36.2%です。ママ・パパの半数以上が偏食やむら食いなどを心配し、3分の1以上が規則正しい生活リズムを保ちにくいことを気にしているということになります。身の回りに食べ物があふれ、夜型の生活になりがちな現代人の悩みを反映しているようにも見えますね。

約9割のママとパパが、親の子育て協力に「助かっている」と回答

〈親の子育てへの協力度〉
さて、次に「親(=祖父母)の子育てへの協力度」についてたずねたところ、59.6%のママ・パパが「とても協力的」と答え、「まあまあ協力的(33.0%)」を足すと、実に92.6%が、親は子育てに協力的であると感じています。アンケートの対象者のうち、自分の親と義理の親のどちらとも遠居(車やその他の交通手段で15分以上離れた場所に住んでいる)の家庭が43.5%となっており、親たちは、離れた距離に住んでいても、子育てを積極的に応援してくれているということでしょう。

〈親の協力姿勢に対して〉
「親の協力姿勢に対して」という設問でも、「とても助かっている」と「助かっている」を合わせると89.3%が親に助けられていると感じています。親の協力についてママ・パパが感謝していることがうかがえます。

〈親の子育てへの関わり方に対して〉
また、「親の子育てへの関わりかたに対して」には、「とても助かっているので、これからもお願いしたい」「どちらかといえば、お願いしたい」と回答したのは、この設問でも合計で89.8%。「どちらかといえばやめてほしい」「できればやめてほしい」は3.7%しかありません。

「お願いしたい」と答えた人の理由としては、「子どもが病気をした時や助けてほしい時に気軽に声をかけられるのは助かる」(31歳・女性・近居)、「毎回頼っているわけではないが、私が体調を崩したりしたとき、子どもを見てくれたりと助かります。親の存在がありがたいです」(37歳・女性・遠居)などの声が多く、ここからもママ・パパ世代の子育てに、親世代の協力が欠かせない現状が見えてきます。

子育てについての常識や感覚の違いは、少なくありません

〈親との子育てへの考え方の違い〉
次の設問では、「親との子育てへの考え方の違い」をたずねました。「よくある」「たまにある」と回答したのは、45%と半数近く。具体的な事例としては、「白湯と果汁を飲ませたがる」(30歳・女性・遠居)、「アレルギーや虫歯予防の知識がなく伝えても理解してもらえない」(27歳・女性・遠居)など、最近の子育て法を知らない親に対する不満がのぞきます。「兄弟がいないと絶対いけないと言われる」(34歳・女性・遠居)、「叱り方やほめ方」(26歳・女性・同居)など、価値観の違いも原因のようです。

それでも「わからない」を除いた45.6%のママ・パパは、親とそれほどの違いはないと答えている点も注目されます。お互いの考え方を理解し合うことは、そう難しくないということなのかもしれません。

それでは、親の意見を肯定的にとらえることができるのは、どんな場面なのでしょう。

〈妊娠中に親から受けたアドバイスや行為について〉
「妊娠中に親から受けたアドバイスや行為について」の問いで、「うれしかったこと」として多かったのは、「(赤ちゃんの)性別をきかれる」の42.4%と「里帰り出産をすすめられる」の34.0%。「よく食べろとすすめられる」のは、25.5%が「うれしかった」と答える一方、「いやだった」も14.8%いました。

そのほかにも、「便秘にならないようにと気を使ったおかずをよくわけてくれた。とても助かった」(30歳・女性・近居)、「よく食べて、胎教によい音楽などを聞いてリラックスしてねとアドバイスしてもらい、一緒にクラッシックのコンサートに連れて行ってくれてうれしかった」(34歳・女性・遠居)など気遣いに対する感謝の声がある一方、「母乳を勧めたり、他人のアドバイスを持ち込んできたり、いやだった」(31歳・女性・遠居)、「大きい病院の方がいいんじゃないか、変えた方がいいんじゃないかと言われて、もう安定期だったし、口出しされるのがいやだった」(25歳・女性・同居)という意見も。子育てについては、自分たちで決めていきたいというママ・パパの気持ちものぞきます。

〈出産後の親からのアドバイスや行為について〉
「出産後の親からのアドバイスや行為について」には、アドバイスを受けてうれしかったことに、「生後すぐは外出させない方がいい」(29.3%)、「日光浴をさせた方がいい」(21.3%)、「生れたばかりの時は母乳が多い方がよい」(18.0%)、「離乳食は、いろいろな食材を積極的に食べさせる」(16.6%)などがあげられます。

反対に、いやだったのは「抱き癖防止に泣いてもすぐに抱かない方がよい」(25.2%)、「寒くないように厚着をさせた方がよい」(18.3%)、「離乳食をあげるとき、自分の箸や食器をつかう」(16.8%)となっています。

ママ・パパが親世代の行為や意見に抵抗を感じるのは、最近の子育て法と違うアドバイスをした場合が多いようです。たとえば「抱き癖がつくとか、布おむつが経済的だとか、口を挟まれたことがつらかった」(29歳・女性・同居)、「離乳食を張り切って用意してくれるのはありがたいが、初めて与える食べ物はアレルギーがないことを確認してからにしたいと思った」(26歳・男性・近居)、「おしゃぶりを必要以上にすすめられた」(36歳・女性・遠居)といった意見も。親世代に悪気がなくても、子育て方法や感覚の違いを考慮しないと、ママ・パパを困らせてしまうのかもしれませんね。

〈妊娠中や子育てで、親との相違があった場合の伝達の有無〉
それでは意見の相違があった場合、ママ・パパは親に伝えるのでしょうか。「妊娠中や子育てで、親との相違があった場合の伝達の有無」の問いには、「自分の親、配偶者の親関係なく伝えられる」が27.3%、「自分の親なら伝えられる」は68.2%、「配偶者の親なら伝えられる」も0.5%あり、「どちらにも伝えられない」は3.9%です。子育てについての相違を感じたら、基本的には伝えるママやパパが多いようです。

「伝えられる」と答えたママ・パパは、「会った時に直接伝える」(91.7%)というケースが一番多いのですが、「メールやSNSを通じて伝える」(30.5%)、「配偶者にお願いして、思いを伝えてもらう」(19.8%)こともあるようです。時と場合に応じて、コミュニケーションの方法を使い分けている姿がうかがえます。

■親世代の気遣い、ママ・パパの思いやりが“潤滑油”に

〈妊娠中や子育てに親がいてよかったこと〉
「妊娠中や子育てに親がいてよかったこと」の設問の中で、一番多かったのが「金銭的、物品の援助をしてくれる」(68.6%)です。続いて「子どもの面倒をよく見てくれる」(64.4%)、「子育ての相談にのってくれる、話を聞いてくれる」(59.7%)、「子どもを預けることができる」(58.4%)となっています。

役に立ったアドバイスを具体的にたずねたところ、「抱っこの仕方、抱っこしながらの家事」(30歳・女性・近居)、「買うものについて、いるものいらないもの、お金をかけた方がいいことなど、アドバイスがもらえた」(28歳・女性・遠居)、「出産までの流れなど、実母からしか聞けないことを教えてくれた」(35歳・女性・遠居)など、経験者としてのアドバイスが役に立ったという声が多く聞かれました。

経済的にも、精神的にもママ・パパを支えてくれる親たち。ママ・パパにとっては、やっぱりありがたい存在ですね。

〈妊娠中や子育てに関しての親の状況〉
ママ・パパたちは、自分の親たちにどんなことを手伝ってもらっているのでしょう。「日ごろからお願いしている」で一番多いのは、「子育ての相談にのってくれる、話をきいてくれる」の68.5%です。「妊娠に関する相談」(66.3%)がそれに続き、「節目の行事の手伝い、参加」(57.7%)でも親を頼りにしているようです。

前問の項目以外で「親にお願いすること/したいこと」として寄せられたコメントの中からいくつかご紹介しましょう。

「親自身が元気でいてくれること」(31歳・女性・近居)

「急に病気になった時の保育園のお迎えなど」(32歳・女性・遠居)

「出産後1か月ぐらいの家事」(27歳・女性・遠居)

「妊娠中の不安やとりとめのない話をきいてもらう」(43歳・女性・同居)

ママ・パパだって、親世代を頼りにし、たまには甘えて、仲良くやっていきたいと思っているようです。親世代にとっても、頼りにされる存在であることはうれしいことなのではないでしょうか。

〈親との同居について〉
最後に、ママ・パパ世代は親との同居を望んでいるか否かについてたずねてみました。同居したいは、8.2%、同居してもよいは16.8%で、4分の1が同居に前向きです。最初に紹介した回答者プロフィールでは、実際に自信の親と同居している人が5.7%、義理の親と同居している人は3.8%ですから、今後、同居を考えたい「同居予備軍」は、多いようです。同居を望む大きな理由として、子育てへの協力を期待する気持ちもありそうです。


【調査概要】
期間:2017年10月13日~19日
対象者:「ミキハウスベビークラブ」会員のうち、お子さんのいる方、現在妊娠中の方
エリア:全国
回答数:7033名その中で、実際にお子さんが1人以上いる人は5631名
集計方針:全体のスコアとともに、以下注目したい属性別にクロス集計を行った
<クロス集計>
性別(女性/男性)/回答者の年代別(10代/20代/30代/40代/50代以上)/親との住まい距離別(同居/近居/遠居)※近居・・車やその他の交通手段でも15分程度以内で行ける距離に在住/子どもの有無別(いない(妊娠中)/いる(1人)/いる(2人以上))/子育て中に親とのかかわりがある

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP