国内クラウドサービス市場規模・実績・予測 

2017年12月27日
MM総研は、国内クラウドサービス市場規模の2016年度(2016年4月~2017年3月)の実績と2021年度までの予測、および需要動向に関する調査結果を発表した。

 この調査はクラウドサービスを導入済または検討中の法人計1,360社を対象に2017年12月にMM総研が実施したアンケートをもとに、取りまとめた。2016年度の国内クラウドサービス市場は前年度比38.5%増の1兆4,003億円となった。

 クラウドサービスに対しユーザーが持つセキュリティ面での不安はさらに低下。クラウドサービス事業者のセキュリティ対応力の向上に加え、クラウドサービス利用者の増加に伴い、クラウドサービスの正しい理解が進んだ。それにより、「自前でセキュリティ対策をするより、クラウド事業者に任せた方が安心」というイメージに変わりつつある。

 パブリッククラウド事業者間の競争は2016年と同様に、2017年12月調査時点の結果で利用率トップがAmazon Web Services、2位がMicrosoft Azureと続く結果になった。また、グローバルベンダーのプライベートクラウド領域への進出は、国内ベンダーにとって大きな脅威となり、生き残りをかけたイノベーションが必要な状況になってきている。

【調査結果サマリー】

■ 2016年度の国内クラウド市場規模は前年度比38.5%増の1兆4,003億円、21年度には3.5兆円と予測

■ クラウドのセキュリティに対する不安イメージがさらに低下

■ FaaS/PaaS/IaaS領域ではAWSが利用率でトップを獲得

■ クラウドサービスを活用したAIの導入目的はコスト削減

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP