1都3県・本社移転企業調査(2017年) 

2018年03月15日

帝国データバンクは、1都3県から本社所在地の転出が判明した企業および1都3県への転入が判明した企業(個人事業主、非営利法人等含む)を、企業概要データベース「COSMOS2」(約147万社収録)から抽出。移転年別や転入元・転出先の集計・分析を行った。
■1都3県とは、「東京都」「埼玉県」「神奈川県」「千葉県」の4都県を指す
■本社とは、本社機能(事務所等)の所在する事業所を指し、商業登記の本店所在地と異なるケースがある

調査結果


  • 1 1都3県へ2017年に転入した企業は289社判明し、2年連続で前年比減少。一方、1都3県から2017年に転出した企業は279社判明し、2014年以来3年ぶりに前年を上回った。この結果、1都3県の企業転入・転出状況は10社の転入超過となり、7年連続での転入超過となった
  • 2 2017年に1都3県へ転入した企業の転入元は「大阪府」が67社(構成比23.2%)で最多。一方、2017年に1都3県から転出した企業の転出先は「茨城県」が40社(同14.3%)で最多となり、2年連続でトップとなった

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP