IT業界 新卒就職人気企業ランキング 

2018年05月14日

楽天は、運営するクチコミ就職情報サイト「楽天みん就」(以下「みん就」)において、2019年卒業予定の学生を対象に調査した「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」の総合トップ150社を発表しました。

 「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」は、「みん就」に登録している2019年卒業予定の学生を対象に、2017年11月16日から2018年4月12日にかけて、インターネットおよび「みん就」主催の就職フォーラム会場でアンケートを実施し4,560人から回答を得ました。「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」を発表するのは今年で9回目となります。学生は、調査対象企業約193社から志望する上位5~7社を選択し、志望上位5社について各企業の志望理由を「仕事の魅力」「会社の魅力」「雇用の魅力」「採用活動の魅力」「志望職種」の5つの観点において回答し、「みん就」が独自の算出方法で集計しました。

調査結果概要


■「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」結果概要 (総合トップ20)

1 NTTデータ
2 富士通
3 グーグル
4 楽天
5 SCSK
6 アクセンチュア
7 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)
8 ヤフー
9 野村総合研究所(NRI)
10 NEC(日本電気)
11 日立製作所
12 LINE
13 日本アイ・ビー・エム
14 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)
15 Sky
16 TIS
17 アビームコンサルティング
18 NTTコミュニケーションズ
19 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)
20 オービック

■「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」調査結果考察

NTTデータが9連覇、5社が新たにトップ20にランクイン
 総合ランキングでは、NTTデータが2010年の調査開始以来9年連続でトップの座を守る結果となりました。トップ10の顔ぶれは昨年の同調査と同様でしたが、昨年10位のアクセンチュアは6位に躍進しました。トップ20には、Sky(33位→15位)、TIS(24位→16位)、アビームコンサルティング(22位→17位)、オービック(23位→20位)の4社が昨年から順位を上げランクインしました。順位を上げた企業の中には、企業間取引の業態が多いため、学生からの認知度が低いといったIT業界の課題に対し、新卒採用活動において早期からのインターンシップ導入や、リクルーターの活用、OB・OG訪問制度を充実させるなど、学生と直接的な接点を積極的に持ち、学生の企業への理解促進に努めた企業が多く見られました。

IT業界でも金融系がランクダウン。コンサル系、ITメーカー系の人気は堅調
 IT業界の業態分類別に見ると、メガバンクを中心とする銀行系のランクダウンが目立った今年の「新卒就職人気企業ランキング」と同様に、「ユーザー系金融」では全17社中11社が昨年と比較して5つ以上順位を下げました。また、総合ランキングでトップ20位にランクインした企業は、企業間取引業態の企業が台頭してきた一方、依然として一般消費者向けサービスを持ち、社名やサービス名自体の知名度が高い企業に人気が集まる傾向が見られました。
 一方で、「魅力度別」の集計結果では、項目ごとに総合ランキングとはまったく異なる顔ぶれの企業が上位にランクインしており、各社が採用活動で打ち出している企業メッセージを色濃く反映する結果となっています。

調査概要


■IT業界 新卒就職人気企業ランキング
調査主体: 楽天みん就
企画協力: 日経コンピュータ
調査期間: 2017年11月16日~2018年4月12日
調査対象: 2019年卒業予定登録学生会員
有効回答人数: 4,560人
調査方法: 「楽天みん就」上でのWebアンケート、および「楽天みん就」主催の就職イベント会場での紙アンケート
※投票者はノミネート企業193社から最低5社、最大7社を選択し、志望上位5社について選択理由として高いものを一つずつ、「仕事の魅力」「会社の魅力」「雇用の魅力」「採用活動の魅力」「志望職種」の5つの観点において選ぶ。
※ノミネート企業はIT業界の企業のうち、ノミネート企業選出時に新卒採用を行っている企業を選出。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP