オンライン書店の利用に関する調査(15歳~69歳男女対象) 

2018年07月03日

MMD研究所は、15歳~69歳の男女5,000人を対象に2018年6月22日~6月25日の期間で「オンライン書店の利用に関する調査」を実施いたしました。

調査結果サマリー


  • 書籍の購入場所の上位は「街中の書店、オンライン書店、デパートなど商業施設の書店」
  • オンライン書店利用者の利用した理由の上位は「書店にいかなくても注文ができる、いつでも検索・注文できる、書店に置いてない書籍が購入できる」
  • オンライン書店の中で利用したことがあるサービスの上位は男女ともに「Amazon、楽天ブックス、Yahoo!ショッピング」
  • オンライン書店を利用する上で重視ポイントは男女ともに「送料が無料、品ぞろえ、ポイント」

調査結果


■ 書籍の購入場所の上位は「街中の書店、オンライン書店、デパートなど商業施設の書店」

15歳から69歳の男女5,000人を対象に、書籍を購入したことがある場所を聞いたところ(複数回答可)、「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が35.1%、「デパートなど商業施設の中の書店」が32.5%となった。

男女別で見ると、男性は「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が33.8%、「ブックオフ」が32.6%だったのに対し、女性は男性同様「街中などの書店」が47.7%と最も多く、次いで「オンライン書店で現物の本の購入」が36.4%、「デパートなど商業施設の中の書店」が33.9%となった。

■ オンライン書店利用者の利用した理由の上位は「書店にいかなくても注文ができる、いつでも検索・注文できる、書店に置いてない書籍が購入できる」

オンライン書店で書籍を購入したことがある人(n=1,753)を対象に、オンライン書店を利用した理由を聞いたところ(複数回答可)、男性で最も多かった回答は「書店にいかなくても注文ができるから」が41.8%と最も多く、次いで「書店に置いてない書籍が購入できるから」が40.9%、「品ぞろえが豊富だから」が37.9%となった。一方女性で最も多かった回答は「書店にいかなくても注文ができるから」が49.3%、次いで「時間を問わずいつでも検索、注文できるから」が47.0%、「書店に置いてない書籍が購入できるから」が43.8%となった。

■ オンライン書店の中で利用したことがあるサービスの上位は男女ともに「Amazon、楽天ブックス、Yahoo!ショッピング」

オンライン書店で書籍を購入したことがある人(n=1,753)を対象に、オンライン書店の中で利用したことがあるサービスを聞いたところ(複数回答可)、男性で最も多かったサービスは「Amazon」で78.9%、次いで「楽天ブックス」が61.1%、「Yahoo!ショッピング」が23.3%となった。女性も男性同様に「Amazon」で76.0%、次いで「楽天ブックス」が60.2%、「Yahoo!ショッピング」が17.4%となった。

■ オンライン書店を利用する上で重視ポイントは男女ともに「送料が無料、品ぞろえ、ポイント」

オンライン書店で書籍を購入したことがある人(n=1,753)を対象に、オンライン書店を利用する上で重要なポイントを聞いたところ(複数回答可)、男性で最も多かった回答は「送料が無料」が62.4%と最も多く、次いで「品ぞろえが豊富」が45.5%、「ポイントが貯まる」が41.7%となった。女性も男性同様に「送料が無料」が67.9%と最も多く、次いで「品ぞろえが豊富」が49.3%、「ポイントが貯まる」が45.0%となった。

調査概要


「オンライン書店の利用に関する調査」
調査期間:2018年6月22日~6月25日
有効回答:5,000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:15歳から69歳の男女

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP