「お盆」に関する意識調査( 41歳以上90歳以下の男女対象) 

2018年07月04日

メモリアルアートの大野屋は、お盆(8月13日~15日 ※一部地域は7月13日~15日)を前に、2018年6月14日~30日にかけて、全国 41歳以上90歳以下の男女に対し「お盆」に関する意識調査を実施し、調査結果をまとめました。

調査結果サマリー


  • お盆がいつの時期が「知っている」「なんとなく知っている」と答えた人は全体の84%と高い認知度を記録
  • 家族と同居しており帰省する場所がないと答えた45%の人を除くと、今年のお盆に帰省したい人は29%で、帰省するつもりがない25%の人を上回る結果に
  • お盆と聞いてイメージすること(786票)、これまでにしたことがあるお盆行事(1066票)、今後したいお盆行事(897票)のいずれの設問でも「お墓参り」が首位に
  • お盆のしきたりや仏事作法について教わったのは「親」からが最も多く1160票、次いで「書籍を読んで」が304票、「祖父母」からが238票という結果に

調査結果


Q1. お盆がいつか知っていますか?
 お盆がいつか知っているかどうかを調査したところ、「知っている」と答えた人は全体の60%を占めました。「何となく知っている」と答えた人は24%で、「知らない」と答えた人は16%という結果になりました。
 「知っている」「何となく知っている」と答えた人の割合は全体の84%を占め、日本の伝統行事であるお盆が広く一般に浸透していることが伺えます。

Q2.今年はお盆時期に帰省をしますか?
 今年のお盆に帰省をするかどうかを調査したところ、帰省する予定があると答えた人は18%、「帰省したいがまだ決めていない」と答えた人は11%、「帰省するつもりはない」と答えた人は25%となりました。
 「家族と同居しており帰省する場所がない」と答えた45%の人を除くと、帰省を検討している人は29%となり、帰省するつもりがない人の25%を上回る数字となりました。

Q3. お盆と聞いてイメージする事は何ですか?(※複数回答可)
 お盆と聞いてイメージする事を聞いたところ、「お墓参り」が786票でもっとも多く、次いで「盆踊り」が723票、「夏祭り」が502票、「夏休み」が377票、「レジャー」が303票、「帰省」が284票という結果になりました。

Q4. 次のお盆行事のうち、これまでにしたことがあるものは何ですか?(※複数回答可)
 これまでにしたことがあるお盆行事を聞いたところ、「お墓参り」が1066票で最も多く、次いで「何もしていない」が518票、「仏壇/位牌/遺影の前にお供え物をする」が443票、「送り火、迎え火を焚く」が216票、「法要をする」が215票、「盆提灯を飾る」が211票、「盆棚を飾る」が209票、「お盆に因んだ家族や親戚の集まりに参加する」が197票、「親戚、知人宅などにお盆の挨拶に行く」が179票、「精霊流しをする」が94票となりました。

Q5.お盆行事で今後したいことは何ですか?(※複数回答可)
 お盆行事で今後したいことを聞いたところ、「お墓参りに行く」が最も多く897票、「何もしたくない」が662票、「仏壇/位牌/遺影の前にお供え物をする」が266票、「盆棚を飾る」が118票、「送り火、迎え火を焚く」が114票、「盆提灯を飾る」が111票、「法要をする」が108票、「お盆に因んだ家族や親戚の集まりに参加する」が105票、「親戚、知人宅などにお盆の挨拶に行く」が92票、「精霊流しをする」が51票という結果になりました。

Q6. お盆のしきたりや仏事作法について、誰に教えてもらいましたか?(複数回答可)
 お盆のしきたりや仏事作法についてだれから教えてもらったかを聞いたところ、「親」が最も多く1160票、次いで「書籍を読んで」が304票、「祖父母」が238票、「インターネットで見て」が119票、「叔父、叔母、従妹などを含め親戚」が116票、「TVで見て」が74票、「兄弟または姉妹」が66票、「近所の人」が52票、「友人」が38票、「職場/学校関係の人」が28票となりました。書籍やインターネットなどメディアの情報を参考にする人が一定 数いる一方、過半数の人は親や祖父母など身近な家族から情報を得ることが多いことがわかりました。

調査概要


調査対象:全国 40代以上90才以下の男女
回答人数:1,813名
調査期間:2018年6月14日~6月30日
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP