TDB景気動向調査 -2018年6月調査結果 

2018年07月04日

帝国データバンクは、TDB景気動向調査 -2018年6月調査結果を発表。

調査結果のポイント


  • 2018 年6 月の景気DI は前月比0.4 ポイント減の49.0 となり、3 カ月連続で悪化した。国内景気は、貿易摩擦の拡大で不透明感が強まるなか、原油高などを受けてコスト負担が増加したことで弱含んだ。今後は引き続き輸出や設備投資が底堅く推移すると見込まれる一方で、貿易摩擦の激化など海外リスクが国内景気を下押しする可能性について注視する必要がある。
  • 10 業界中8 業界が悪化、『建設』『不動産』の2 業界が改善した。原油高などを受けた原材料価格の上昇が幅広い業界にマイナスに働き、『製造』が 5 カ月続けて、『卸売』『小売』『運輸・倉庫』『金融』が3 カ月続けて悪化した。
  • 『東海』『近畿』『四国』など 10 地域中 8 地域が悪化、『北海道』『北陸』の 2 地域が改善した。人手不足や燃料価格の上昇がコスト負担の増加要因となったほか、大阪府北部の地震による影響が一部地域で表れた。規模別では、2カ月ぶりに「大企業」「中小企業」「小規模企業」がすべて悪化した。

調査概要


調査対象 2 万 3,149 社
有効回答 9,694 社
回答率 41.9%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP