サラダに関するアンケート調査(第4回) 

2018年07月06日

マイボイスコムは、4回目となる『サラダ』に関するインターネット調査を2018年6月1日~5日に実施し、10,565件の回答を集めました。

調査結果TOPICS


  • サラダを1日1回以上食べる人は全体の4割弱。サラダを食べる理由は「おいしい」「健康に良い」「野菜をたくさん摂取できる」「野菜が好き」「食物繊維をとりたい」「食事の栄養バランスをとる」などが各4~5割。
  • 好きなサラダのタイプは「ポテトサラダ」「グリーンサラダ」が各5割、「トマトサラダ」「マカロニサラダ」「大根サラダ」「ツナサラダ」などが各4割。

調査結果


◆サラダを食べる頻度

サラダを1日1回以上食べる人は全体の4割弱です。「2~3日に1回くらい」がボリュームゾーンです。「ほぼ毎食食べる」は24.2%で、高年代層での比率が高くなっています。男性10~30代では「食べない」が1割強みられます。

◆好きなサラダのタイプ

好きなサラダのタイプは「ポテトサラダ」「グリーンサラダ」が、サラダを食べる人の各5割で上位2位、「トマトサラダ」「マカロニサラダ」「大根サラダ」「ツナサラダ」などが各4割弱です。
全体的に女性の方が比率が高く、「大根サラダ」「春雨サラダ」「温野菜サラダ」などは男女差が大きくなっています。「グリーンサラダ」「トマトサラダ」などは女性高年代層、「シーザーサラダ」「チョレギサラダ」などは女性若年層での比率が高い傾向です。

◆サラダの食材(野菜以外)で好きなもの

サラダの食材で、野菜以外で好きなものは「ハム、生ハム」「卵」「ツナ」が、サラダを食べる人の各4~5割、「えび、かに、ほたて」「海藻類(海苔、わかめ、ひじきなど)」「麺類(パスタ、マカロニ、そば、うどんなど)」「豆類、ナッツ類」などが各30%台です。 「豆類、ナッツ類」「鶏肉(ささみ、ローストチキンなど)」「春雨、こんにゃくなど」は、女性が男性をそれぞれ約15ポイント上回ります。 「魚(スモークサーモン、刺身など)」「クラッカー、クルトンなど」などは女性若年層、「海藻類(海苔、わかめ、ひじきなど)」「卵」などは高年代層での比率が高くなっています。

◆サラダを食べる理由

サラダを食べる理由は「おいしい」「健康に良い」「野菜をたくさん摂取できる」が、食べる人の各5割で上位3位、「野菜が好き」「食物繊維をとりたい」「食事の栄養バランスをとる」などが各4割です。「美容に良い」「さっぱりしたものが食べたい」は、女性が男性を約18~20ポイント上回ります。「食物繊維をとりたい」「食事の栄養バランスをとる」「調理が簡単」などは女性50代以上、「ダイエットのため」は女性10・20代での比率が高くなっています。サラダを1日に1回以上食べる人では「健康に良い」が最も多くなっています。

◆市販のサラダの重視点

市販のサラダ購入時の重視点は、「価格」「味」が市販のサラダを食べる人の各6割、「野菜や具材の種類が豊富」「鮮度」が各4割、「分量・サイズ」「賞味期限 ・消費期限」「原材料」が各3割です。「野菜や具材の種類が豊富」「分量・サイズ」「彩り」「衛生面」などは、女性、特に女性50代以上での比率が高くなっています。

調査概要


調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年06月01日~06月05日
回答者数:10,565名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP