楽天トラベル、2016年 ゴールデンウィーク国内旅行動向 

2016年03月28日
楽天トラベルは、2016年4月29日(金・祝)~2016年5月8日(日)間の予約人泊数をもとに、2016年ゴールデンウィーク(以下、GW)の旅行動向を発表。

今年は3連休が2回と日並びが良いため、国内旅行は前年同期比約3割増(+28.3%)と好調に推移しています。また、半年以上前の予約が約2.5倍に増加し、早期予約傾向が強まっています。都道府県別の伸び率ランキングでは、2016年3月26日に開業の北海道新幹線沿線の宮城県が約8割増で2位に、また観光プロモーションが奏功し1位となった広島県をはじめ、中国3県がTOP10入りとなりました。

【2016年 ゴールデンウィーク旅行人気上昇エリアランキング トップ10】
(国内旅行 行き先別 宿泊予約前年同期比ランキング)
1位    広島県    +80.2%
2位    宮城県    +76.6%
3位    福岡県    +52.1%
4位    島根県    +49.8%
5位    愛知県    +49.3%
6位    静岡県    +47.2%
7位    岡山県    +46.5%
8位    滋賀県    +46.0%
9位    福井県    +43.0%
10位    宮崎県    +42.8%


【調査概要】
楽天トラベルでの2016年3月7日時点での予約人泊数実績をもとに前年同期比で算出しています
-対象期間(宿泊日ベース):[今年] 2016年4月29日(金・祝)から2016年5月8日(日)、[昨年] 2015年4月29日(水・祝)から2015年5月8日(金)
-調査対象:国内宿泊(通常、デイユース)、ANA楽パック、JAL楽パック、インバウンド

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP