国内通信事業者向けネットワーク機器市場予測 

2018年09月04日

IT専門調査会社 IDC Japanは、通信事業者向けルーターと通信事業者向けイーサネットスイッチからなる通信事業者向けネットワーク機器市場の2017年実績と予測を発表しました。これによると、2018年は、IDCが同市場に関する調査を始めた2008年以降、最も低い水準に終わった2017年を7.5%上回り、3年間続いた市場の低迷からようやく抜け出すと予測しています。

調査結果サマリー


  • 2017年の国内通信事業者向けネットワーク機器市場は、前年比成長率マイナス7.0%、市場規模は898億8,600万円
  • 2018年は、3年間の市場低迷から反転し7.5%増。2019年以降は5Gサービス向け投資も加わり2017年~2022年の年間平均成長率は6.8%と予測
  • ただし、5Gサービス開始という大イベントにもかかわらず、市場は比較的緩やかに回復。5Gサービス開始時点では、既存LTE設備の増強中心のため
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP