フェイスラインのケアに関する意識調査(30~50代女性対象) 

2018年09月07日

資生堂グループのハイプレステージブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」では、フェイスラインがエイジングサインの溜りどころであり、顔全体の印象を左右することに着目して、2018年7月に、30~50代の女性1,000名を対象とした「フェイスラインのケアに関する意識調査」を実施しました。

調査結果から、「他人のフェイスラインのたるみ」は気になるものの、 「自分のフェイスラインのたるみ」は客観的に見る機会があるまで気づきにくく、多くの女性が満足のいくケアを行えていないという実態が明らかになりました。

調査結果ポイント


ポイント(1)
自分の「フェイスラインのたるみ」を気にしているのは、わずか20%

自分の3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は20.5%。「シミ・そばかす」や「ほうれい線」などと比べて、「フェイスラインのたるみ」ケアは見過ごされている現状が明らかに。

ポイント(2)
自分は気にしていなくても他人はあなたの「フェイスラインのたるみ」に気づいている!?

久しぶりに会った友人など他人の肌を見たときに年齢を感じるポイントとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は44.4%。自分の3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人(20.5%)よりも2倍以上多い結果となり、自己認識と他者認識に大きなギャップが生じています。

ポイント(3)
フェイスラインのケアを行っている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していない!

フェイスラインのケアを行っていると答えた人のうち、効果的なフェイスラインのケアができていないと思うと答えた人は85.5%にのぼり、ケアをはじめている人でも、ほとんどの人が今のケアに満足していないという結果に。その理由は、第1位が「どのような対策が効くのかわからないから(61.5%)」、第2位が「効果が見えづらいから(44.0%)」でした。

調査結果詳細


見過ごされている「フェイスラインのたるみ」ケア
3大肌悩みに「フェイスラインのたるみ」をあげた人はわずか20%

現在気になる肌悩みとして、「フェイスラインのたるみ」と回答した人は20.5%で、8つの肌悩み中5位となり、シミ・そばかす(53.1%)や毛穴(38.4%)、ほうれい線(31.8%)、乾燥(27.6%)と比べ、低い結果となりました。

また、「フェイスラインのたるみ」のケア実態を尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」に対して特にケアを行っていない人の割合は59.9%と、ほとんどの人がケアを行っていないことがわかりました。「フェイスラインのたるみ」は意識している人も大変少なく、実際にケアを行っている人も少なくなっており、多くの人が見過ごしてしまっていることがわかります。

自分は気にしていなくても、他人には見られているのが「フェイスラインのたるみ」
他人の肌で年齢を感じるポイントとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は44%以上!
「自己認識」と「他者認識」で大きなギャップが

一方で、久しぶりにあった友人など、自分以外の女性の肌を見たとき、年齢を感じるポイントについて尋ねたところ、「フェイスラインのたるみ」と回答したのは44.4%で、ほうれい線(59.4%)に次いで第2位と同率2位の目元のシワ(44.4%)と同様に、多くの人が「他人のフェイスラインのたるみ」をみて、老けたと感じていることがわかりました。

「フェイスラインのたるみ」は、自身の肌悩みについて尋ねたときは第5位でしたが、他人の肌で年齢を感じるポイントとしては第2位となっており、 「他人のフェイスラインのたるみ」には気づく人が多い一方で、 「自分自身のフェイスラインのたるみ」には気づかない人が多く、自己認識と他者認識でギャップが大きいことが伺えます。

自己認識
1位 シミ・そばかす
2位 毛穴
3位 ほうれい線
4位 乾燥
5位 フェイスラインのたるみ

他者認識
1位 ほうれい線
2位 フェイスラインのたるみ
3位 目もとのシワ
4位 目もとのたるみ
5位 シミ・そばかす

「フェイスラインのたるみ」は、客観的に見てはじめて気づく盲点!
顔の形状変化のシミュレーションを見ると、10年後深刻化しそうな肌悩みとして
「フェイスラインのたるみ」をあげる人が、1.7倍に増加

年齢による顔の形状変化を客観的に示したシミュレーション動画※を見る前後で、「フェイスラインのたるみ」に対する意識が、どう変化するかを調べたところ、視聴前に、10年後深刻化しそうな3大肌悩みとして「フェイスラインのたるみ」をあげた人は、わずか34.0%だったものの、 視聴後に 同じ質問で「フェイスラインのたるみ」 をあげた人は1.7倍の、57.9%となりました。「フェイスラインのたるみ」の深刻さは、多くの人にとって客観的なシミュレーションを見るまで気づかない盲点となっていたことがわかります。

また、自身の肌悩みについて「フェイスラインのたるみ」をあげた人に対し、「フェイスラインのたるみ」が気になったシーンをあげてもらったところ、「証明写真を撮ったとき」や「同窓会の写真を見たとき」といった回答が多くみられ、コメントからも、「フェイスラインのたるみ」は客観的に見てはじめて気づくケースが多いことが伺えます。

フェイスラインのケアをしている人でも現在のケアに満足していない人が85%以上
理由は「どのような対策が効くのかわからないから」が最も多いという結果に。

現在フェイスラインのケアを行っていると答えた人【n=401】に対して効果的なケアができていると思うかを尋ねたところ、効果的なケアができていないと回答した人は、85.5%という結果に。多くの女性が、現状のケアに満足していないことが伺えます。

効果的なケアができていないと感じる人【n=343】が答えたその理由については、第1位が「どのような対策が効くのかわからないから(61.5%)」、第2位が「効果が見えづらいから(44.0%)」と、フェイスラインのケアは何が正解なのかわからず悩んでいたり、目に見えた効果がなく不安に思っている人が多いことが浮き彫りになりました。

また、フェイスラインについてどのような対策があれば取り組んでみたいかを聞いたところ、効果が実感できる化粧品を使ったケアがあるのなら、ぜひ取り組みたいといったコメントが多く見受けられました。

調査概要


サンプル数:1,000人
調査対象:30~50代の女性
調査方法:インターネット調査
調査時期:2018年7月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP