派遣就業までの辞退に関する実態調査(バイトル会員対象) 

2019年03月08日

ディップが運営する、ディップ総合研究所は、自社で運営するアルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」の会員3,193名を対象に「派遣就業の実態調査」を行いました。
※調査期間:2019年1月13日(日)~2019年1月16日(水)

【調査背景】
日本人材派遣協会の調査発表(※1)によると、派遣労働者数は2012年に底打って以降、増加傾向ではある一方、2018年就業者の平均年齢は「41.9歳」となり、直近5年で初めて40代に突入する結果となっております。
そこでこの度、まだ派遣就業をしていない20代、30代の求職者も含めた、派遣の求人への応募~就業までの実態や意識について調査を行いました。
先日公開した前編「派遣就業意向に関する実態」に続き、後編「派遣就業までの辞退に関する実態」についてご報告いたします。
※1 出典:2018年度派遣社員Webアンケート調査(日本人材派遣協会)

調査結果サマリー


ポイント1.応募後~登録までの不満・辞退の実態
  • 応募後に「登録に行かなかった経験がある」62.0%
  • 応募~登録までの不満・辞退理由 第1位は「応募した仕事と別の仕事を紹介されたから」
  • 希望の就業期間は、「応募後3日以内」31.4%、「応募後1週間以内」を含めると67.9%
ポイント2.登録後~終業までの不満・辞退の実態
  • 登録後に「就業をしなかった経験がある」78.7%
  • 不満・辞退理由の第1位は「派遣会社から希望する仕事の紹介がなかったから」
  • 登録担当者への不満 第1位は「派遣会社都合の仕事を紹介される」52.4%
ポイント3.就業後の辞退の実態
  • 就業後、満了前の退職経験者は43.7%
  • 満了前の退職経験者のうち、派遣期間「3~6ヶ月未満」の46.7%が「1カ月未満」での早期退職

調査概要


■調査・分析:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 川上由加里
■調査名:ディップ総合研究所「派遣就業までの辞退に関する実態調査」
■調査手法:インターネット調査(バイトル会員)
■調査対象:47都道府県在住者
■調査実施時期:2019年1月13日(日)~2019年1月16日(水)
■有効回収数:3,193サンプル
■主な調査項目:派遣就業の実態調査「応募~登録までの辞退の実態、不満・辞退理由」「登録~就業までの辞退の実態、不満・辞退理由」

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP