韓国コスメに関する調査(10代~50代女性対象) 

2018年09月27日

LIVE STA.は、10代~50代の女性1,000人に韓国コスメに関するアンケート調査を実施いたしました。

調査の背景


2005年に韓流ドラマ、2010年にKPOPアーティストのブームが起き、2018年は韓国のサードウェーブが到来しているといわれております。国内では女性誌で韓国特集が組まれるだけではなく、カルチャー雑誌でも韓国に焦点があてられており、韓国コスメにおいては、韓国語で美少女を意味する「オルチャン」から派生した「オルチャンメイク」というジャンルが確立されています。韓国コスメの代名詞でもあるBBクリームやCCクリーム、また近年ではリップティント、クッションファンデが日本でも浸透するなか、新しい製品が数多く発売されており、日本初上陸アイテムを中心に約100の韓国コスメを取り扱うライブコマースメディア「KANCOS HOLIC」を運営する当社では、このような背景をうけ、国内の10代~50代女性を対象に韓国コスメに関するアンケート調査を行いました。

調査結果


■10・20代の約4人に1人は韓国コスメを現在使用している
10・20代ではおよそ4人に1人が現在韓国コスメを使用していることがわかりました。本調査で韓国コスメのイメージをアンケートしたところ、「価格が安い」「パッケージがかわいい」という項目がトップとなり、若い世代が試しやすい価格帯であること、機能面だけではなくパッケージのかわいさから多くの10代~20代女性が韓国コスメを愛用していることがわかりました。また30代では、現在使用している、過去使っていたと回答した人の合計が50%を超え他のどの世代に比べても韓国コスメとの接点が多い年齢層となりました。
■現在使用中のアイテムは韓国コスメからヒットしたリップやベースメイクが上位に
韓国コスメからヒットしたアイテム、リップティント(リップ22%)、BBクリームやCCクリーム、クッションファンデ(ベースメイク19%)が上位となりました。また、日本に比べて種類が豊富なパックを使用していると回答した方も多く、韓国メイクは美肌であることが重要視されるため、ベースメイク、パック、基礎化粧品と肌に関わるアイテムが合計で44%と大きな割合を占める結果となりました。
■韓国コスメを使用していた、使用したことがないユーザーの約半数は韓国コスメに興味がある
1つ目の項目に、これまで韓国コスメを使用していた、または使用したことがないと回答したユーザーに対して、今後の韓国コスメ利用予定を調べたところ、約半数は今後使用してみたい、興味があると回答しました。
■韓国コスメブランドの認知度調査ではエチュードハウスが一位に
3位までは大手のメーカーが並びました。5位のthe SAEMはコンシーラーが人気のブランドで、手ごろな価格・カバー力があるという点で評価が高く、近年国内でも知名度をあげております。

調査概要


■調査主体:株式会社LIVE STA.
■調査時期:2018年7月
■調査方法:スマートフォン・タブレットのアプリ上でのアンケート
■サンプリング:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県に在住の10代~50代の女性1,000名
■調査パネル:「LINE アンケート」モニター

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP