女性の銭湯事情調査(1都3県在住の20~30代女性対象) 

2018年12月11日

ミュゼマーケティングが、高齢者や男性が多いイメージのある銭湯について、若い女性はどう思っているのか、1都3県在住の20~30代女性600名を対象に「女性の銭湯事情」を調査しました。

調査トピックス


  • 実は9割以上の女性が銭湯に「行ったことがある」と回答
    さらに4人に1人が月1回以上利用の“銭湯女子”であることが判明!
  • 銭湯に対するポジティブなイメージ、「お風呂が広い」が約半数
  • 銭湯に“行きたくない”理由1位「わざわざ外でお風呂に入るのが面倒」「情報が少なくクローズな空間」
    温泉に行くけれど銭湯には行かない理由、「温泉に行く=旅行だから」が半数以上
  • 銭湯に行くきっかけ、約半数が「お風呂がきれい」と回答
  • 女性が銭湯に求めるものは「美容サービス」
  • 女性が欲しいアメニティランキング 1位は「おしゃれなシャンプー・リンス」
  • 女性が銭湯に求めるものは「美容」と「癒やし」
  • 行ってみたいと思う女性向けイベント
    1位「アロマテラピー銭湯」2位「暗闇銭湯で天体観測」3位「銭湯で映画鑑賞」
  • 行きたい時間は朝6~8時が3割と“朝銭湯派女子”も多く存在

調査結果


■実は9割以上の女性が銭湯に「行ったことがある」と回答
さらに4人に1人が月1回以上利用の“銭湯女子”であることが判明!

高齢者や男性が多いというイメージが強く、若い女性が通うイメージがあまりない銭湯。
1都3県在住の20~30代女性に「銭湯に行くことがあるか」を調査したところ、なんと94.8%とほとんどの女性が「行ったことがある」と回答しました。さらに「月1回以上」と回答した人は4人に1人存在し、意外にも“銭湯女子”が多く存在していることがわかりました。

■銭湯に対するポジティブなイメージ、「お風呂が広い」が約半数

次に、「銭湯」に対するポジティブなイメージを聞いてみたところ、全体の約半数が「お風呂が広い」という良いイメージを持っており、「良いイメージはない」と回答した人はわずか1.8%と非常に少ないことがわかりました。

■銭湯に“行きたくない”理由
1位「わざわざ外でお風呂に入るのが面倒」「情報が少なくクローズな空間」
温泉に行くけれど銭湯には行かない理由、「温泉に行く=旅行だから」が半数以上

ほとんどの女性が「行ったことがある」と回答した銭湯ですが、「行ったことがない」人は銭湯にどのようなイメージをもっているのでしょうか。銭湯に「行ったことがない」と回答した人に、なぜ銭湯に行ったことがないのかを聞いてみたところ、「わざわざ外でお風呂に入るのが面倒」「情報が少なくクローズな空間」と回答した人が最も多いという結果となりました。
また、「温泉」には行くけれども「銭湯」には行かないと回答した人に、なぜ銭湯に行きたいとは思わないのか聞いてみたところ、半数以上が「温泉=旅行だから」と回答し、ついで多かったのが「温泉のようにお湯の種類が豊富ではないから(18.8%)」その次は「アメニティが少ない(手ぶらで行けない)(12.5%)」でした。
昔とは異なり家にお風呂があることが当たり前になった今、外でお風呂に入るシーンといえば旅行時の温泉というイメージが強く、銭湯がいつどのようなシーンで利用するものなのかイメージがつかない女性が多くいるようです。

■銭湯に行くきっかけ、約半数が「お風呂がきれい」と回答

銭湯に行ったことがないと回答した方に、どんなきっかけがあれば、銭湯に行きたいと思うかを調査したところ約半数が「お風呂がきれい(45.2%)」と回答しました。ついで「家から近い(29.0%)」「イベントがある(12.9%)」という結果となり、清潔さのほか利便性やエンターテイメント性も、行きたいと思うきっかけのひとつであることがわかりました。

■女性が欲しいアメニティランキング 1位は「おしゃれなシャンプー・リンス」

温泉には行くけれども銭湯には行かない理由、3位にもランクインしたアメニティに関して、どのようなアメニティがあれば良いと思うかを調査したところ1位は「おしゃれなシャンプー・リンス(32.7%)」2位は「化粧品サンプル(17.5%)」3位は「ドライヤー(12.8%)」という結果となりました。

■女性が銭湯に求めるものは「美容」と「癒やし」

銭湯に女性がもっと気軽に来てもらえるようになるため、どのような女性向けサービスがあれば行きたいと思うかを調査したところ、約半数以上の女性が「美容サービス」と回答。
女性はお風呂に美容の付加価値を求めていることがわかりました。
また、アメニティの充実以外に、銭湯にあれば行きやすくなるサービスも調査したところ、こちらも「なにか美容にいいもの」と回答した人が31.5%と最も多いと言う結果となりました。
「休憩所」「おしゃれな飲み物・スイーツ」「マッサージ」という回答も多く見られ、女性は銭湯に「美容」と「癒やし」を求めていることがわかりました。

■行ってみたいと思う女性向けイベント
1位「アロマテラピー銭湯」2位「暗闇銭湯で天体観測」3位「銭湯で映画鑑賞」

銭湯に行ったことがない人が行きたくなるきっかけ、3位にランクインした「イベント」について、どのようなイベントがあれば行ってみたいと思うのかを調査。その結果、圧倒的な指示を受けたのは「アロマテラピー風呂」で、全体の約4割を占めました。つづいて「暗闇銭湯で天体観測」、「銭湯で映画鑑賞」となりました。
女性は銭湯に「癒やし」を求めていることが裏付けられるほか、天体観測や映画鑑賞が上位にあがったことから“お風呂ではゆっくりしたい”という心理もうかがえる結果となりました。

■行きたい時間は朝6~8時が3割と“朝銭湯派女子”も多く存在

銭湯に行きたい(行ってみたい)時間を調査したところ、ほとんどの女性が「19:00~21:00(28.7%)」「21:00~(19.0%)」と回答しましたが、24.2%の女性は「6:00~8:00」と回答。夜に入ることが多いお風呂ですが、意外にも朝にも多くの需要があることがわかり、“朝銭湯派女性”が約3割存在していることがわかりました。
意外にも“朝”の需要が高い銭湯。朝手ぶらで行ってそのまま次の予定に行きたいという気持ちから、「おしゃれなシャンプー・リンス」や「化粧品サンプル」などのアメニティの重要性が高いのかもしれません。

【ミュゼマーケティング調べ】

調査概要


■調査日:2018年11月7日(水) ~ 2018年11月18日(日)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:600名
■調査対象:1都3県在住 20~39歳の女性

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP