ブラジャーの実態に関する調査(20代~60代対象) 

2018年07月30日

テレビショッピング研究所は、「ブラジャーの実態に関するWEB調査(全国20代~60代・計500名)」を実施。

調査結果


■女性の2人に1人がブラに不満!? 女性の知られざるブラジャー事情とは

女性にとって無くてはならない存在であるブラジャーですが、世の中には様々な種類のブラジャーが販売されています。実情として、女性は普段着用するブラジャーにどのような想いを持っているのでしょうか。

今回の調査で、「あなたは普段着用しているブラジャーに対して、何らか不満(窮屈・痛い等)を感じますか」という問いに「とても不満を感じる」「やや不満を感じる」と答えた人が全体の55%にのぼり、女性の約2人に1人がブラジャーへの何らかの不満を抱えていることが明らかに!

女性の多くがどのようなブラジャーを着用しているのかという点については、「あなたが普段身に着けている下着類は何ですか」という設問において、60%以上がワイヤーブラを着用しているという結果に!特に20代・30代の女性においては70%以上がワイヤーブラを使用していることが分かりました。

女性の大多数を占める全体の6割以上のワイヤーブラ着用者に対して「あなたは普段着用しているブラジャーに、何らか不満(窮屈・痛い等)を感じますか」と質問をすると、「とても不満を感じる」「やや不満を感じる」と答えた人が58%にのぼり、多くの女性が不満を感じながらワイヤーブラを着用している実情が露わになりました。

■多くの女性が思うブラジャーの不満のポイントって!?

女性の約2人に1人が不満を感じながら着用しているブラジャー。具体的な不満はどこにあるのでしょうか。

普段着用しているブラジャーの不満点を聞くと、
1位「肩ヒモがずれやすい」
2位「締め付けられる」
3位「ワイヤーが原因で痛くなる」という結果に。

多くの女性にとって「あるある」と共感の出来る結果となっているのではないでしょうか。

■女性の“生涯ブラ着用時間”は驚愕の人生の約半分=約45年!!

女性の約2人に1人が不満を感じながら着用しているブラジャー。女性はどのくらいの時間ブラジャーを着用して生活しているのでしょうか。

「あなたがブラジャーを着け始めたのはいつ頃からですか。具体的な年齢をお知らせください。」という設問において、平均で13歳からブラジャーを着用しているという結果に。

また、「あなたは1日のうち、何時間ほどブラジャー・ブラトップ型インナーを着用していますか。」という設問においては、平均ブラジャー着用時間は1日あたり約15時間となりました。厚生労働省の「第22回生命表」の発表によると、現在の女性の平均寿命は約86歳。ブラジャーを着用し始めてから生涯ブラジャーを着用し続けると考えると、女性は13歳から86歳までの73年間、1日あたり約15時間ブラジャーを着用し続けることに。生涯換算をすると、なんと約39万時間(399,675時間=16653日=約45年)にもわたる期間、女性はブラジャーを着用して過ごすということになります。

つまり、人生の約半分=約45年間もの間、女性の約2人に1人はブラジャーに何らかの不満を抱えて生活しているのです!

■ブラジャー購入における大切なポイントは「価格」と「着心地」!

女性の約2人に1人が通算約45年もの間、ブラジャーに対して不満を抱えているのは大きな問題だといえるのではないでしょうか。ただ、そんな不満を少なからず改善できる、様々なブラジャーが世の中に広がっていることも事実です。現状、女性はどのようなブラジャーを好んで選択しているのでしょうか。

「ブラジャー購入の際に重視していること」を質問すると、
1位「お手頃な価格であること」
2位「着け心地がラクであること」
3位「ノンワイヤーであること」という結果に。

さらに、ブラジャー購入の際に「シルエットの美しさ(補正力)」と「着心地の快適さ・楽さ」の判断基準に対して、どのように重きを置いているかという調査については、「どちらも同じくらい重視する」と回答した人が全体の20%でした。
また、「着心地を重視する」「どちらかといえば、着心地を重視する」と回答した人の割合は全体の54%にのぼり、多くの女性にとって着心地が女性のブラジャー選びの重要なポイントとなっていることがわかりました。
人生の約半分=約45年もの間着用し続けるからこそ、女性のブラジャー購入における大切な判断基準は、お手頃な価格であることはもちろんのこと、着心地がラクで、ノンワイヤーであることが重要となっていることがわかります。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP