「瞳のケア」に関する意識・実態調査(20~40代の働く女性対象) 

2018年09月10日

参天製薬は、20~40代の働く女性500名を対象とした、「瞳のケア」に関する意識・実態調査を行いました。

調査結果


■顔の印象を決めるパーツNO.1は「目」! 一方で、「すっぴん瞳」の自己評価は48点

はじめに、「顔の印象を決めると思うパーツ」を聞いたところ、97%と大多数の女性が「目」と回答し、「口」(70%)、「眉」(68%)、「鼻」(64%)などを大きく上回りました。ほぼ全ての女性が、顔の印象を決める上で、目は特に重要なパーツと考えているようです。

それでは女性たちは、自身の目にどれくらいの自信を持っているのでしょうか。何もしていない状態の目=「すっぴん瞳」について自己評価をしてもらったところ、女性たちの平均は100点満点中わずか「48点」という結果になりました。

■気になる目の状態TOP3は「潤い不足」、「目力ダウン」、「充血」…メイクではごまかせない「すっぴん瞳」

そこで、気になったことがある「すっぴん瞳」の状態について聞くと、「乾燥による潤いのなさ」(84%)、「疲れによる目力のなさ」(81%)、「充血」(77%)がトップ3になりました。また、「白目のくすみ」(49%)、「白目のにごり」(42%)という回答もそれぞれ4割超にのぼっています。

具体的な声としては、「1日の半分以上がパソコン作業のため乾燥や充血が気になる」(27歳)、「仕事で目を酷使しているので、いつも輝きがなく、よどんでいるように感じる」(30歳)、「退勤前に鏡を見ると、白目が黄ばんでいるように感じるときがある」(26歳)などの回答があがりました。特に1日の仕事終わりに、「すっぴん瞳」の状態の悪さを自覚しやすい傾向にあるようです。

さらに、女性たちからは「普段のメイクでは目の状態の悪さをカバーできていないと思う」という声もあがっており、その割合は実に77%と約8割。いつでも“すっぴん状態”にある瞳は、ひとたび潤い不足や疲れ目、充血などの状態に陥ってしまうと、メイクではごまかせないと考える女性が多いことがわかります。

そこで、「魅力的だと思う目の状態」について聞くと、「にごりがなくイキイキしている」(26歳)、「透明感があって適度にうるんだ目」(27歳)、「白く充血のない目」(25歳)などの回答が目立ちました。疲れ目や充血などのトラブルがなく健康的で輝いていることが魅力的な目の重要なポイントであると言えそうです。

■「すっぴん瞳」のケアをしている女性はわずか2割台…輝く瞳のカギは「夜のケア」と「目薬」にアリ!?

一方で、「目を美しく見せるため、日常的にアイケアをしていますか?」といった質問をしたところ、「している」と答えた女性はわずか2割台(22%)に。目が重要なパーツであること、メイクでは状態の悪さをごまかせないことは自覚しながらも、「すっぴん瞳」のケアができていない女性が多いことがわかります。

それでは、逆にアイケアをしている女性たちは、どのようなお手入れをしているのでしょうか。まず、「ケアをするタイミング」を聞いた質問では、「夜」という回答が71%で圧倒的に多く、「朝」(46%)、「昼」(15%)などの回答を大きく上回りました。おやすみ前にお肌などをお手入れする習慣の中に、アイケアも取り入れている人が多いのかもしれません。

また、「具体的な夜のアイケア方法」としては、「目薬をさす」(65%)が最多で、「アイクリームを塗る」(51%)、「目のマッサージや体操をする」(40%)、「ホットアイマスクを使う」(36%)などを上回りました。充血や目の疲れの改善など、「すっぴん瞳」に直接効果がある目薬が人気のようです。

調査概要


調査対象:20~40代 働く女性500名(年代均等割付)
調査期間:2018年8月22日(水)~8月23日(木)
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP