全112職種 仕事満足度ランキング2018(20歳~59歳のビジネスパーソン対象) 

2018年08月27日

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、20歳~59歳のビジネスパーソン15,000人を対象に、仕事に対する満足度調査を行いました。

本調査は、現在就いている職種について、『総合』『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間(残業・休日など)』『職場環境(社風・周囲の社員など)』の5つの指標別に満足度を100点満点で回答してもらった結果をまとめたものです。

■総合満足度 ~1位は「MR(営業職)」で、70.6点

仕事満足度ランキングの各指標の平均点は、『総合』が62.2点、『仕事内容』が64.2点、『給与・待遇』が56.5点、『労働時間』が66.5点、『職場環境』が60.3点という結果となりました。5つの指標の中では『労働時間』に対する満足度が最も高く、反対に『給与・待遇』に対する満足度が最も低くなっています。

全112職種の中で『総合』満足度が最も高かった職種は、1位が「MR(営業職)」(70.6点)、2位が「ビジネスコンサルタント(専門職)」(69.1点)、3位が「管理会計/内部統制(企画・管理職)」(69.0点)でした。

1位の「MR(営業職)」は昨年2位からトップとなり、2年連続で満足度の高い職種となりました。『総合』『職場環境』の満足度も高かったのですが、特に『給与・待遇』の満足度が高く、112職種中で最も高い職種でした。『仕事内容』に関しても、自身の仕事が人の健康や生活に影響を与えることに対してやりがいを感じるコメントが目立ち、満足度を高める要因になったと考えられます。2位の「ビジネスコンサルタント(専門職)」は、どの指標でも112職種中上位5つに入るほどの満足度の高さでした。3位の「管理会計/内部統制(企画・管理職)」は、『職場環境』以外の4つの指標で満足度が高く、特に『労働時間』の満足度が全112職種の中で2番目という結果になりました。

今回の仕事満足度ランキングは、112職種中上位20職種のうち、企画・管理系職種が7つ、エンジニア系職種が6つ、専門職種が3つ、営業職が2つ、事務・アシスタントが1つ、クリエイティブ職が1つという結果となりました。特定分野の知識や技術に特化したスペシャリスト系の職種が多く、専門的な知識を必要とする職種は、やりたいこと・得意なことを仕事にしており、『仕事内容』に対する希望と現実のギャップが少ないため、高い満足度につながっていると考えられます。

調査概要


調査対象:20歳~59歳のホワイトカラー系職種の男女
雇用形態:正社員
調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
実施期間:2018年6月
有効回答数:15,000件
回答方法:現在就いている職種に対する満足度を『総合』『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間(残業・休日など)』『職場環境(社風・周囲の社員など)』の5つの指標別に、100点満点中何点か回答
※そのほか業種別、さらに『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間』『職場環境』 仕事満足度ランキングの調査結果もご確認いただけます。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP