2019年卒マイナビ大学生就職内定率調査(2019年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生対象) 

2018年09月06日

マイナビは、2019年卒業予定の全国大学生、大学院生を対象とした「2019年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表しました。本年度の調査は今回が最後となります。

調査結果の概要


■大学生、大学院生の8月の内々定率は83.4%。3月から8月の全ての月で内々定率が前年を超える

2018年8月末時点の内々定率は83.4%と、前月(7月末)と比較して3.7pt増加したが、前年(2017年)8月末時点からは0.7pt増とほぼ同水準となった。昨年に引き続き、調査を実施した全ての月で前年同月の内々定率を上回り、「売り手市場」と言われる状況が数値にも表れた。また、学生一人当たりの内々定保有社数も2.3社(前年比0.1社増)と前年よりも増え、全体として企業の採用意欲の高まりが感じられる結果となった。

「内々定は保有しているが活動を継続する」と答えた学生は14.8%(※1)で、未内々定者を含めた活動を継続する学生の割合は、回答者全体の28.9%(※2)だった。2018年の8月末時点でもまだ3割近い学生が活動を継続している。

※1)「内々定先に不満なので続行する」と「内々定先に不満ではないが、他の企業も見たいので続行する」の合計
※2)未内々定者16.6%に、内々定を保有して活動を継続する学生12.3%を合算して算出。内々定を保有して活動を継続する学生の割合は、内々定率83.4%に今後も活動を継続すると回答した学生の割合14.8%(内々定先に不満なので続行する:6.2%+内々定先に不満ではないが他の企業も見たいので続行する:8.6%)を掛けて算出している。

調査概要


「2019年卒マイナビ大学生就職内定率調査」
調査方法:『マイナビ2019』の会員に対するWEBアンケート
調査期間: 2018年8月27日(月)~8月31日(金)
調査対象: 2019年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生
有効回答数: 3,322名(文系男子825名、文系女子1,335名、理系男子709名、理系女子453名)
※正式内定は10月以降となるため、文中では「内々定」と表記しています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP