IT専門調査会社 IDC Japanは、国内BDA(Big Data and Analytics)テクノロジー/サービス市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の予測を発表しました。

IDCではBDAテクノロジー/ソフトウェア市場を、インフラストラクチャ、ソフトウェア、サービスの3つの市場セグメントに分類し、市場規模予測を行いました。これによると、2017年の国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場は、前年比8.9%増の高い成長率を記録し、市場規模は8,848億8,900万円となりました。従来から進んでいたパブリッククラウドの活用に弾みがついており、PaaSサービスの売上を計上するBDAソフトウェア市場やITサービスを計上するBDAサービスの市場に好影響を与えています。

調査結果サマリー


  • 2017年 国内BDAテクノロジー/サービス市場規模は8,849億円、前年比成長率8.9%と高い成長が持続
  • PaaSの利用拡大によりソフトウェア市場が成長する一方でサーバーなどのハードウェアインフラへの投資は停滞
  • 中期的にはITサービスが市場の拡大を牽引、2022年には1兆5617億円を見込む
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP