賃貸借契約の更新料調査(全国の賃貸マンション対象) 

2018年09月10日

東急住宅リースと、ダイヤモンドメディアは、ダイヤモンドメディアが提供するリーシングマネジメントシステム「Centrl LMS(セントラル・エルエムエス)」のデータを活用し、全国の賃貸マンションを対象に賃貸借契約における、入居者募集中データの更新料の設定月数に関する調査を実施しました。

調査結果サマリー


  • 全国平均(単位:月額賃料に対する設定月数)
  • 更新料         :0.31ヶ月
  • 更新料0物件を除く更新料:0.89ヶ月
  • 更新料有物件割合    :34.6%
  • 更新料無物件割合    :65.4%
■全国ランキング

≪更新料ランキング(上位)≫
更新料の設定月数が最も高い都道府県は、東京都の0.73ヶ月となり、第4位まで首都圏(1都3県)が占める結果となりました。近畿地方では、京都府のみが全国平均 0.31ヶ月を上回りました。更新料を設定していない物件を除く更新料の設定月数は、東京都 1.02ヶ月、千葉県 1.00ヶ月、京都府 1.00ヶ月と賃料の約1ヶ月分に設定されていました。

≪更新料ランキング(下位)≫
更新料の設定月合計が最も低い都道府県は北海道の0.02ヶ月となり、2位は宮崎県の0.03ヶ月でした。更新料を設定していない物件を除く更新料の設定月数は、鹿児島県、沖縄県、宮崎県、熊本県の九州・沖縄地方が少ない結果となりました。

≪更新料設定月数グラフ≫
首都圏(1都3県)においては更新料が高く設定されており、近郊の群馬県、茨城県、山梨県・栃木県も更新料が高い傾向が見られました。最も更新料の設定が少ない北海道でも0.02ヶ月あり、更新料の設定がない都道府県は見られませんでした。

調査概要


調査期間:2018年6月1日~6月30日
調査対象:約174万件
調査方法:インターネット上で入居者募集中の約800万件のデータの内、更新料の情報を持つデータを集計

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP