HOUZZ & HOME 住宅リフォーム・リノベーション市場調査 

2018年09月20日

Houzz Japanは、「2018年版 HOUZZ & HOME 住宅リフォーム・リノベーション市場調査(Houzz 住まいのアンケート)」の結果を発表しました。この調査は、Houzzに登録しているユーザーを対象に実施され、世界で219,500名以上、日本では約3,900名の回答を集計したものになります。

調査結果


キッチンがリフォーム・リノベーションのトップ

2017年にリフォーム・リノベーションがもっとも多く実施された場所はキッチン(30%)、次いで、バスルーム(27%)とリビングルーム(26%)でした。また、「初めて住宅を購入した人」(54%)は、「長期の住宅保有者」(26%)に比べ2倍以上もの人がキッチンのリフォーム・リノベーションを行いました。

初めて住宅を購入した人がもっともお金をかける

2017年のリフォーム・リノベーション費用の中央値(トップ10%のパーセンタイル値)は200万円でした。2016~2017年の住宅購入者別の年間中央値でみてみると、「初めて住宅を購入した人」がリフォーム・リノベーションにもっともお金をかける傾向にあり、費用の中央値は600万円でした。次いで「住宅の購入歴がある人」の中央値は500万円、そして「長期の住宅保有者」の中央値は150万円でした。

2018年はインテリア変更やリフォーム・リノベーションをする人が増える傾向に

2018年は、引っ越しや新築を建てるより、既存の物件の家具やインテリア装飾の変更をする人やリフォーム・リノベーションを実施する予定の人(59%)が多い傾向にあります。その傾向の背景には、約70%ものHouzzユーザーが、2017年に実施したリフォーム・リノベーション後に、「住宅の価値が上がったと思う」と回答しており、上がった住宅価値について「費用と同じくもしくはそれ以上に価値が上がったと思う」(28%)、「費用の50%〜90%ぐらい上がったと思う」(21%)と述べていた事に関係があると考えられます。

その他の主なトレンド

・初めて住宅を購入した人の方が予算設定を徹底する傾向に
2017年にリフォーム・リノベーションを行った人のうち、90%ものHouzzユーザーが予算設定をして改修を実施しまし た。「初めて住宅を購入した人」がもっとも予算設定を徹底しており(95%)、次いで「住宅の購入歴のある人」(94%)と「長期の住宅保有者」(81%)でした。

・現金 / 貯金での支払いがもっとも多い
リフォーム・リノベーション費用の支払い方法でもっとも多かったのが、現金・貯金(73%)での支払いでした。「初めて住宅を購入した人」は現金・貯金(44%)での支払い以外でも、住宅ローン(44%)とクレジットカード(16%)での支払いが多い傾向にありました。

・約90%もの人がリフォーム・リノベーションを専門家に依頼
約90%もの人がリフォーム・リノベーションをする際に専門家に依頼をした(89%)と回答しました。また、依頼先でもっとも多かったのは、工務店(25%)、次いで施工会社(19%)という結果になりました。そして、もっとも多かったリフォーム施工期間は3ヶ月〜6ヶ月(35%)、3ヶ月未満(28%)、次いで1年〜2年(19%)でした。

調査概要


「2018年版 HOUZZ & HOME 住宅リフォーム・リノベーション市場調査」
■調査主体:Houzz, Inc.
■調査方法:オンライン調査
■調査期間:2018年3月5日~2018年4月24日
■有効回答:本調査は、Houzzに登録している18歳以上の国内ユーザーを対象に実施され、日本では 3,862名の回答があり、その内 2,524名のユーザーからの有効回答と、2017年中にリフォー ム・リノベーションを実施したユーザー 347名の有効回答を集計したものになります。
■表現の定義:「初めて住宅を購入した人」は2017年に住宅を購入した方、「住宅の購入歴がある人」は過去に購入経験があり2017年に住宅をリフォーム・リノベーションした方、そして「長期の住宅保有者」は6年以上住んでいる住宅を2017年にリフォーム・リノベーションした方を表しています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP