最新の国内コンテンツアプリケーション市場予測 

2018年09月26日

IT専門調査会社 IDC Japanは、国内コンテンツアプリケーション市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表しました。

IDCではコンテンツアプリケーション市場を、コンテンツ制作を行う「オーサリング/パブリッシング市場」、制作したコンテンツを検索/分析する「コンテンツアナリティクス/サーチソフトウェア市場」、制作したコンテンツを管理する「エンタープライズコンテンツ管理市場」、ビデオなどのリッチコンテンツを管理する「パースウェイシブコンテンツ管理市場」、AI(人工知能)のプラットフォームとなる「コグニティブ/AIソフトウェアプラットフォーム市場」などの7つの機能市場に分類して、それぞれの市場について市場分析と市場予測を行いました。

調査結果サマリー


  • 2017年 国内コンテンツアプリケーション市場規模は、前年比成長率7.5%増、3,341億円。リッチデジタルコンテンツ制作/配信、コグニティブ/AIプラットフォームが成長
  • 2018年以降はデジタル技術を活用した顧客エクスペリエンス向上を図る企業の増加によって、2017年~2022年の年間平均成長率は2.7%、2022年の市場規模は3,811億円と予測
  • ITサプライヤーは、デジタルコンテンツ制作サポートビジネスの開拓、顧客エクスペリエンス向上のためのアプリケーションとの連携を行うべき
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP