「サマータイム」に関する調査(20代~70代男女対象) 

2018年08月29日

エアトリは、20代~70代の男女1138名を対象に「サマータイム」に関する調査を実施しました。

調査背景


 2019年からの導入が検討されている「サマータイム」。時間を1~2時間ほど進めることで、遅い時間まで明るいので照明の節約や経済の活性化、交通事故・犯罪発生の減少などが期待されます。
 海外では、アメリカやヨーロッパなどで導入されている制度で、実際に経験したことがある人も多いのではないでしょうか。そこで、エアトリが「サマータイム」に関する意見を調査しました。

調査結果


調査1:日本で「サマータイム」の導入が検討されていることを知っていますか?
 海外では、アメリカをはじめヨーロッパ各国などで導入されている「サマータイム」ですが、日本でもサマータイム制度の導入が検討されていることを知っているか聞いたところ、9割以上の人が「はい(93.1%)」と回答し、「サマータイム」に対する関心の高さが伺えます。

調査2:旅行先でサマータイムを体験したことがありますか?
 旅行先でサマータイムを体験したことがあるか聞いたところ、過半数の人が「はい(63.3%)」と回答しました。多くの人が「サマータイム」を体験したことがあることが分かりました。

調査3:(サマータイムを体験したことがある人)サマータイムを経験した国をすべて教えてください。
 サマータイムを体験したことがあると答えた人に、どの国で経験したか聞いたところ「アメリカ(56.8%)」と回答した人が最も多い結果となりました。
 2位以降には、「フランス(31.1%)」、「イギリス(28.2%)」とヨーロッパの国々が上位に選ばれました。

調査4:(サマータイムを体験したことがある人)旅行中にサマータイムを体験してどうでしたか?
 サマータイムを体験したことがある人に、どのように感じたか聞いたところ、「何も感じなかった(54.3%)」が最も多い回答となりましたが、「とても良かった(10.4%)」と「まあまあ良かった(19.0%)」の「良かった」と回答した人は29.4%、「全く良くなかった(5.8%)」と「あまり良くなかった(10.4%)」の「良くなかった」と回答した人は16.2%と「良かった」と感じた人の方が、13.2%も多いことが分かりました。

「とても良かった」「まあまあ良かった」と回答した人のサマータイムに関するコメント
・「明るい時間を長く使えて観光がたくさんできた」(40代男性)
・「夜9時ころまで明るいので運転しやすくてとてもよいです」(50代女性)
・「とにかく日が長く、行動しやすい」(40代女性)

「全く良くなかった」「あまり良くなかった」と回答した人のサマータイムに関するコメント
・「真夜中に時間が変わって終電を逃した」(30代女性)
・「サマータイムを知らず、飛行機に乗り遅れました」(40代女性)
・「寝る時間が増えたけど家中のAV機材や家電の時間を変えなければなく大変だった」(30代女性)

調査5:「サマータイム」が導入されたらどう思いますか?
 サマータイムが導入されたらどう思うか聞いたところ、最も回答が多かったのは「全く嬉しくない(32.5%)」でした。一方で、「とても嬉しい(5.5%)」と「まあまあ嬉しい(14.%)」の「嬉しい」と考えている人が約5人に1人いることが分かりました。

調査6:サマータイムが導入されたらどのように活用したいですか?
 サマータイムが導入されたらどのように活用したいか聞いたところ、「自宅でゆっくり(41.7%)」が最も多い回答となりました。続いて、「スポーツ(9.2%)」「旅行に行く(日帰り含む)(9.1%)」が上位にランクインする結果となりました。
 その他の回答では、「特に何もしない(30代女性)」、「何も変わらない」(30代男性)などの声が多く見られました。

「サマータイム」に対するコメント
・「時間をかえるコストより、社会で柔軟に対応することを目指すことの方が重要」(30代男性)
・「デメリットよりも各国にならうことのコストと割り切って導入すべきでしょう」(40代男性)
・「日本では場合によっては働く時間が伸びるだけかも。プレミアムフライデーもいまいち浸透してない感じだし。」(40代女性)
・「日本では導入が難しいと思う。 働き方改革が浸透していないので、労働時間が長くなるだけ。」(40代女性)
・「定着するまでに時間がかかると思うし、日本の国土の広さでは不要な気もする」(50代女性)

調査概要


調査タイトル:「サマータイム」に関するアンケート調査
調査対象: 20代~70代の男女1138名
調査期間:2018年8月21日(火)~8月24日(金)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP