妊活に関するアンケート調査(25歳~44歳の妊活中または妊活経験がある女性対象) 

2018年07月26日

ゲンナイ製薬は、「妊活に関するアンケート調査」を2018年7月13日~17日に行いました。調査対象は25歳~44歳の妊活中または妊活経験がある女性で、有効回答数は2,316名です。

調査結果


チャンス日以外「スキンシップ誘える」17.7%減

パートナーと二人三脚で取り組むことが望ましい「妊活」。実際に現在妊活をしている、または過去に妊活経験のある女性は、パートナーとスキンシップや情報共有をうまく行えている(いた)のでしょうか?

「妊娠のチャンス日に自分からパートナーを誘えますか?」の問いには「積極的に誘える」58.1%、「誘いにくいが誘える」31.5%で、9割近い方が「誘える」と回答する一方で、約1割は妊活中にもかかわらず「誘えない」と答えていました。また、「妊娠のチャンス日以外でスキンシップがしたいとき、自分からパートナーを誘えますか?」の質問に、「積極的に誘える」38.8%、「誘いにくいが誘える」33.1%と、7割以上が「誘える」と答えていましたが、やはりチャンス日よりは誘いにくいのか、「誘える」派は17.7%も減少することがわかりました。

「ライフプランについて話せていない」44.5%

「子供の数や妊活のタイミングなど、ライフプランについて深く話せていますか?」の質問に対し、「深く話せる」以外(まあまあ話せる・あまり話せていない・話せない)を選んだ方は44.5%と、4割以上の方が深く話せてはいないことがわかりました。また、「自身が得た妊活の知識をパートナーに共有していますか?」の問いに対し、「すべて共有している」が34.3%でした。

子供の数や出産のタイミングは、夫婦の将来設計をするうえで重要な柱になりますが、明確な目標を共有しないまま妊活にのぞむ夫婦も4割強いることがわかりました。

調査概要


調査タイトル:妊活に関するアンケート調査
調査対象:当社の製品を購入したことがある25歳~44歳の女性
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
調査方法:LINEアンケート調査
調査地域:全国
有効回答:2,316サンプル
調査機関:ゲンナイ製薬株式会社
「ゲンナイ製薬調べ」

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP