「旅とファッション」に関する調査(世界中のトラベラー対象) 

2018年09月04日

ブッキング・ドットコム・ジャパンは、世界中のトラベラーを対象として実施した「旅先でのオシャレ」に関する調査より、旅行がファッションに与える影響についてデータを集め、結果を発表致しました。

調査トピックス


  • 「いつもより旅先でのファッションに気を使う」と答えた日本人は半数以上(58%)!それに対し、世界の旅行者では39%と、日本人の方が世界の人々よりも旅先でのファッションへのこだわりが強いことが判明!
  • 旅行先ならではのチャレンジファッションは、日本人は「大きめのサングラス」、世界の旅行者は「大胆な服装」と違いが顕著に!
  • 世界のトラベラーの約半数の人が、「普段のファッションに対して旅行から何かしらの影響を受けている」と回答、旅のファッションに対する影響は旅行後も続いていることが判明!

調査結果


■旅先でのファッションにこだわりが強い日本人

世界中の旅行者の48%が「旅先でオシャレでいることは重要だ」と回答していることからも、旅とファッションは切っても切れない関係ということが分かります。実際に旅行者は旅先での服装を気にするあまり、世界で5人に1人(19%)、日本では6人に1人(15%)の人が「旅行先でのアクティビティなどよりも服にお金を使う」と回答しています。
また、日本人の半数以上である58%の人が「いつもより旅先でのファッションに気を使う」と答えた一方で、世界では39%と少数派に。日本人のほうが世界の人々よりも旅先でのファッションへのこだわりが強いことがわかりました。

■旅行先で自信が持てるのは大胆なファッションのおかげ!?

世界中の旅行者に、「旅行中に自信をもてる秘訣」を質問したところ、「旅行中に着ている服のおかげで自信が持てる」と回答した人は39%でした。日本でも、世界の旅行者とほぼ同じく3分の1(33%)が「旅行中に着ている服のおかげで自信が持てる」と回答し、「周囲に知っている人がいないから自信を持てると回答した人」(37%)を上回っていました。また、「旅行中に自信がもてなくなる要因」として最も多かった回答は、「ファッショナブルさよりも実用性を重視した服を持ってきてしまったこと」(24%)で、服の準備不足は旅先での自信にマイナスな影響があることも分かりました。

また、世界の旅行者に「普段はチャレンジしないが、旅先でチャレンジしてみる服装」を質問すると、「ホットパンツ、丈の短いドレス、スカートなど」の大胆な服にチャレンジすることが多いと回答。日本人では「大きめのサングラス」にチャレンジする人が多く、日常生活でサングラスをかけることが諸外国よりも少ない分、旅先でチャレンジする人が多いということが現れている結果となりました。

■旅での体験が普段のファッションのヒントに

さらに、調査データによると、旅のファッションへの影響は旅行から帰ってきた後も続き、47%の人は「旅が普段のファッションへインスピレーションを与えた」と回答しました。
「旅行中に、普段のファッションに影響を与えたものは?」という質問に対して、世界では「現地のお店やマーケットで手に入る服」が53%、日本では「現地の人の服装」の50%が最も多い結果に。日本人はより日常生活に取り入れやすい、現地の人のファッションスタイルを観察し、帰国後も参考にしている事がわかりました。

調査概要


世界最大の宿泊予約サイト・Booking.com(ブッキング・ドットコム)によるオンラインアンケート調査の結果に基づきます。
■調査期間:2018年6月18日~7月16日
■対象国:オーストラリア、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、日本、中国、ブラジル、インド、アメリカ、イギリス、ニュージーランド、タイ、ロシア、アルゼンチン、ベルギー、カナダ、デンマーク、香港、クロアチア、インドネシア、台湾、メキシコ、オランダ、スウェーデン、シンガポール、コロンビア、イスラエル、韓国
■有効回答サンプル:2万1,500名。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP