共働きママの時間意識調査(子育てファミリー対象) 

2018年10月05日

東京ガス都市生活研究所は、子育てファミリーを対象とした調査を実施し、都市生活レポート『共働きママの時間意識~フルタイムで働く子育てママは、時間をお金で買いたい~』を発行いたしました。その中から一部をご紹介いたします。

調査結果


■フルタイム同士の共働き夫婦でも、家事・育児は妻に偏っている

 表1の通り、妻の働き方によって子育てファミリーをタイプ分けしたところ、平日の家事・育児時間は、ママ全体の平均が4.8時間であるのに対して、正規で週30時間以上働いている「フル共働きママ」も4.1時間と長く、0.7時間しか変わりませんでした。(図1)

 パパ全体の平均が1.4時間であるのに対して、妻が正規で週30時間以上働いている「フル共働きパパ」は1.8時間で、4タイプのパパの中では最も長いものの、0.4時間しか差はありませんでした。

 また、「フル共働きママ」と「フル共働きパパ」を比べると、差は2.3時間あり、フル共働きでも家事・育児は妻に偏っていることが分かりました。

■夫の家事分担に対する妻の評価は低い

 家事分担比率を聞いたところ、夫の家事は、自分が思うほど妻の評価を得られていないようです。(図2)

 4タイプの中では最も夫の比率が高い「フル共働き」ですが、フル共働きパパでは「自分は2割以下」と考える人は3割であるのに対し、「夫は2割以下」と考えるフル共働きママは5割以上でした。フルタイムで働きながら家事・育児をこなしているフル共働きママから見ると、夫の家事分担はまだまだなようです。

■ひとりの時間が欲しいママたち

 7割以上のママは「ひとりの時間が欲しい」と思っており、働き方による違いはみられませんでした。(図3)
 仕事・家事・育児に追われ、自分の時間が持てていないと感じているママが多いようです。

■フル共働きママは子供ともっと過ごしたい

 「子供と過ごす時間を増やしたい」と考えるかどうかは、働き方によって違いがみられました。(図4)
 専業ママは、半数程度しか子供と過ごす時間を増やしたいと考えていません。
 しかし、共働きママは子供と過ごす時間を増やしたいと考えており、特にフル共働きママは8割近くが子供と過ごす時間を増やしたいと考えています。
 子供と十分に接する時間が持てていないと感じているフル共働きママが多いようです。

■時間をお金で買いたいフル共働きママ

 フル共働きママは「時間をお金で買いたいと思うことがある」「家事を効率化するモノやサービスにはお金を惜しまない」と答えた割合が他のタイプよりも高く、お金をかけてでも時間を生み出したいと考えていることがわかりました。(図5、図6)

調査概要


調査時期:2017年1月
調査方法:インターネット調査
調査対象:
 一都三県28歳-44歳既婚男女
 高校生以下の子あり 核家族 1248名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP