睡眠に関するアンケート調査(ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド®3」利用者対象) 

2018年10月09日

ドコモ・ヘルスケアは、10月9日の「熟睡の日」に向けて、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド®3」利用者に対して睡眠に関するアンケート調査を行いました。

調査結果サマリー


  • ① 3人に1人は睡眠に不満
  • ② 60歳以上は、20代の2倍、夜中に目が覚める
  • ③ よい睡眠のためのこだわり1位は枕

調査結果


1. なんと3人に1人は、睡眠に不満

睡眠満足度を調べたところ、31%の方が睡眠に不満を持っており、男性より女性の方が悩んでいることが分かりました。

女性
・大変満足 3%
・満足 26%
・どちらともいえない 38%
・不満 27%
・大変不満 6%

男性
・大変満足 5%
・満足 31%
・どちらともいえない 36%
・不満 22%
・大変不満 7%

総計
・大変満足 4%
・満足 28%
・どちらともいえない 37%
・不満 25%
・大変不満 6%

※「ムーヴバンド®3」利用者のアンケート調査より

2.60歳以上は、20代の2倍、夜中に目が覚める

一番多い悩みは「途中で目が覚める」ことで、特に60代以上で悩んでいる割合は、20代の2倍でした。
また、逆に、「寝起きが悪い」ことで悩んでいる割合は、20代が最も多く、60代以上の6倍でした。

※「ムーヴバンド®3」利用者のアンケート調査より
特に「途中で目が覚める」悩みがある方は、悩みがない方に比べて1.5倍、目が覚めていることがわかり、その分早い時間にベッドに入って睡眠時間を確保しようとしていることが分かりました。

睡眠の悩みで「寝つきが悪い」という自覚がある方に、その原因を聞いたところ、約半数の方が「眠くならない」と回答。
寝る直前までスマートフォンを見ているなどの生活習慣などにより、脳が睡眠モードに切り替わらないなどの課題が考えられます。

※「ムーヴバンド®3」利用者のアンケート調査より

3.よい睡眠のためのこだわり1位は枕。

よく寝るためにこだわっていることやジンクスなどを聞いたところ、枕にこだわっている方が最も多く、次いで適度な運動や、水分を取る、お風呂に入るなどのこだわりが多くありました。
1位 枕 60人
2位 運動 35人
3位 お水を飲んで寝る 33人
4位 お風呂 32人
5位 部屋を冷やす 31人
6位 ストレッチ 27人
7位 アルコールを飲む 26人
8位 音楽を聞く 25人
9位 寝具 22人
10位 部屋の明るさ 18人

※「ムーヴバンド®3」利用者の睡眠データとアンケート調査より
寝る前に飲むもので一番多かったのは、牛乳でしたが、納豆や麦茶、アイスクリームなど、独自のこだわりがある方がいました。
このほかにも、夜はコーヒーを飲まないようにする方がいる一方、寝る前にコーヒーを飲む方もいるなど、正反対のこだわりも見受けられました。

【ドコモ・ヘルスケア調べ】

調査概要


■睡眠データ分析
調査主体:ドコモ・ヘルスケア株式会社
調査期間:2018年1月1日(月)~2018年7月31日(火)
調査方法:「WM(わたしムーヴ)」に蓄積されたユーザーの睡眠データの集計・分析
調査対象:「ムーヴバンド®3」を利用している男女のうち22,099人

■アンケート調査
調査主体:ドコモ・ヘルスケア株式会社
調査期間:2018年8月1日(水)~2018年8月5日(日)
調査方法:インターネット
調査対象:上記睡眠データ分析の対象者のうち1,475人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP