国内クライアント仮想化市場 ROI分析調査 

2018年10月16日

IT専門調査会社 IDC Japanは、2018年に実施したユーザー調査および取材を基に、クライアント仮想化市場の クライアント仮想化 ROI(投資対効果)の算出と分析を行い、その結果を発表しました。

2018年のクライアント仮想化製品のROIは348.4%、投資回収期間は11.7か月となりました。初期投資額、年次投資額、ベネフィット(投資によって得られたリターン)はそれぞれエンドユーザー1人当たり25万7,067円(1年分)、6万4,777円(1年分)、77万423円(1年分)と算出されました。IDCのROI分析手法では、ベネフィットをエンドユーザー、IT管理者、企業全体の3つに区分しています。エンドユーザーのベネフィットが占める割合が最も高く、全体の56.8%を占めています。IT管理者のベネフィットは37.6%、企業全体のベネフィットは5.6%でした。

調査結果サマリー


  • 2018年クライアント仮想化のROIは348.4%、投資回収期間は11.7か月
  • エンドユーザー1人あたりのベネフィットは、77万423円(1年分)で、ベネフィット全体の56.8%
  • クライアント仮想化を拡張したデジタルワークスペースのROIは658.0%、投資回収期間は9.0か月
詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP