妊娠時の栄養摂取に関する調査(子供を二人以上出産した経験を持つ女性22歳~45歳対象) 

2018年10月30日

雪印ビーンスタークは、子供を二人以上出産した経験を持つ女性 計500人(22歳~45歳)を対象に、栄養成分となるサプリメント摂取状況・およびつわりに関する実態を把握することを目的として、2018年3月27日~3月29日にインターネット上で調査を実施いたしました。

調査TOPICS


  •  妊娠前・妊娠時にサプリメントを摂取した人は全体の約半数しかいない
  •  摂取したと答えた人のうち、妊娠時に摂取したサプリメントは「葉酸」「鉄分」と答えた人が多数
  •  妊娠中の摂取が一番多いのに対して、つわり時は摂取率が大幅に減っている
  •  「葉酸」を摂取した理由については「赤ちゃんの神経管閉鎖リスク」を下げるためと、具体的な回答した人が約6割
  •  ビタミンB6を摂取していた人は全体のうち約1割未満と少なく、ビタミンB6がつわりに効果があると知らなかった人が大半という結果に

調査結果


■妊娠前・妊娠時にサプリメントを摂取した人は全体の約半数のみ。

 子供を二人以上出産した経験を持つ女性 計500人(22歳~45歳)を対象に調査したところ、妊娠前や妊娠時に サプリメントを摂取したか?という設問において、約半数の女性のみが「摂取した」と回答。サプリメントを摂っていない女性が半数もいることがわかりました。

■サプリメントを摂取した女性に聞くと、妊娠時に摂取したのは「葉酸」「鉄分」と答えた人が多数。妊娠中と比べて、つわり時には摂取率が大幅に減っている傾向も。

 次に妊娠時、サプリメントを摂取した女性253人に「妊娠前、妊娠中、つわり時と、どのようなサプリメントを摂取したか?」と聞いたところ、多くの女性が葉酸と回答しました(妊娠前で4割超え、妊娠中では9割以上)。ついで、鉄分、カルシウム、と妊娠期に特に不足しがちな栄養素をサプリメントで補っている様子がうかがえました。また、全てのサプリメントに関して、妊娠前、妊娠中、つわり時と比較すると妊娠中の摂取が一番多い半面、つわり時は摂取が大幅に減っており、つわりの影響から栄養素の摂取が減少する様子がうかがえました。

■「葉酸」を摂取していた理由については「赤ちゃんの神経管閉鎖リスク」を下げるためと回答した人が約6割

 葉酸を摂取した理由については「赤ちゃんの神経管閉鎖リスクを下げるため」と答えた人が約6割近くおり、赤ちゃんの健康に対する意識の高さが見られました。

■ビタミンB6を摂取していた人はサプリを摂取していた人のうち約1割未満。さらに、ビタミンB6がつわりに効果があると知らなかった人が大半という結果に

 妊娠時にビタミンB6を摂取していた女性の割合は全体の約8%と少ないものの、摂取頻度は「毎日摂取していた」「ほぼ毎日摂取していた」と回答した人を合わせると約8割を超えました。しかし、その効果においては知らない人がほぼ多数。ビタミンB6がつわりに効果的と知っていた人は2割にも満たないことがわかりました。

調査概要


調査期間:2018 年 3月27日〜3月29日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:子供を二人以上出産した経験を持つ女性(22 歳〜45 歳)計 500 ⼈

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP