外食に関するアンケート調査(第6回) 

2018年11月10日

マイボイスコムは、6回目となる『外食』に関するインターネット調査を2018年10月1日~5日に実施し、10,521件の回答を集めました。

調査結果TOPICS


  • 昼食や夕食に外食する人は9割弱。月1回以上外食者は昼食6割強、夕食5割強。昼食の外食頻度は男性で高い傾向
  • 外食する人の、1回あたりの支出額は、昼食は「800~1,000円未満」、夕食は「1,000~1,200円未満」がボリュームゾーン。昼食の支出額は2013年以降高価格帯の比率が増加傾向

調査結果


◆昼食の外食頻度

昼食を外食する人は全体の9割弱です。頻度は「月に数回程度」がボリュームゾーン、週1回以上が3割弱、月1回以上が6割強となっています。男性の方が、昼食の外食頻度が高い傾向で、男性10~30代では週1回以上が4割となっています。

◆昼食を外食するときの1回あたりの支出額

昼食を外食する人の、1回あたりの支出額をたずねたところ、「800~1,000円未満」がボリュームゾーンです。800円以上は6割弱、1000円以上は3割弱です。2013年以降、800円以上の比率が増加傾向で、高価格帯の比率が増加していることがうかがえます。また、女性高年代層で、金額が高い傾向がみられます。

◆昼食を外食する場面(複数回答)

昼食を外食する場面は、「平日の昼」が外食をする人の48.2%、「休日の昼」「外出のついで」「遊びに行く・レジャー」などが各3~4割です。「平日の昼」は高年代層、「休日の昼」は若年層での比率が高い傾向です。女性10・20代では「休日の昼」「遊びに行く・レジャー」、女性60・70代では「平日の昼」「外出のついで」「友人・知人と会う」が上位にあがっています。

◆夕食の外食頻度

夕食を外食する人は全体の9割弱です。頻度は「2~3ヶ月に1回程度」「月に数回程度」がボリュームゾーン、週1回以上が1割強、月1回以上は5割強です。女性は、若年層の方が外食頻度が高い傾向がみられます。

◆夕食を外食するときの1回あたりの支出額

夕食を外食する人の、1回あたりの支出額をたずねたところ、「1,000~1,200円未満」がボリュームゾーンです。1400円以上が5割強、2000円以上が3割となっています。

◆夕食を外食する場面(複数回答)

夕食を外食する場面は、「休日の夜」が外食をする人の47.0%、「外出のついで」「平日の夜」「家族がそろう」などが各3割です。「休日の夜」は10~40代で比率が高い傾向です。「記念日・イベント、お祝いごとなど」は女性での比率が高くなっています。夕食の外食頻度が週に4~5回・2~3回と比較的高い層では、「平日の夜」「職場・仕事関係の人との食事」の比率が他の層より高くなっています。

調査概要


調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年10月01日~10月05日
回答者数:10,521名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP