ミドルに聞く「家族の転職反対」実態調査 

2018年07月27日

エン・ジャパンが運営するミドル世代のための転職サイト「ミドルの転職」上で、サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に「家族の転職反対」についてアンケートを行ない、879名から回答を得ました。

調査結果概要


  • 5割のミドルが「家族に転職を反対され内定辞退したことがある」と回答。
  • 転職を反対した家族は「妻」、転職を反対した理由は「年収が下がる」。
  • 家族の転職反対の防止策、「仕事の話以外のコミュニケーション量を増やす」。

調査結果詳細


1:5割のミドルが「家族に転職を反対され内定辞退したことがある」と回答。

「これまで家族に転職を反対された経験はありますか?」と尋ねたところ、46%の方が「はい」と回答。年収別に見ると、年収1000万円未満より年収1000万円以上のほうが反対された経験が多いことが分かりました。家族に転職を反対された方のうち、「辞退したことがある」は51%と、「辞退せずに転職をした」(49%)を上回りました。

2:転職を反対した家族は「妻」、転職を反対した理由は「年収が下がる」。

家族に転職を反対された方に、反対された家族と理由を伺いました。反対された家族は、年収に関係なく、「妻」(76%)が最多でした。「妻・夫に転職を反対された」と回答された方に、配偶者の就業状況を伺ったところ、年収1000万円以上は「専業主婦(夫)」(46%)、年収1000万円未満は「正社員」(40%)がそれぞれ最も多い回答でした。

転職の反対理由を伺ったところ、最も多かったのが「年収が下がる」(50%)。次いで、「勤務地が遠い」(20%)、「”大手企業”という肩書きがなくなるから」(19%)が続きました。「その他」と回答した方からは、「転職そのものを良しと思っていないから」という声が多く寄せられました。

年収別に見ると、年収1000万円以上は「”大手企業”という肩書きがなくなるから」(36%)、「転職先がベンチャー企業だから」(19%)。年収1000万円未満は「勤務地が遠い」(21%)、「年間休日数が少ない」(9%)といった項目のポイントが目立ちました。

「家族の転職反対の理由が、年収が下がること」と回答した方に、反対された年収引き下げ額を伺ったところ、「100万円~199万円」(29%)が最多。年収1000万円以上は「200万円~299万円」(29%)が最も多い回答でした。

3:家族の転職反対の防止策、「仕事の話以外のコミュニケーション量を増やす」。

家族に転職を反対されないために、普段から心がけていることや実行していることを伺いました。最も多かった回答は「普段から頻繁に仕事以外のことでコミュニケーションをとるようにしている」(19%)でした。その他(12%)と回答した方からは、「これからの子育てと収入に関して考えを伝える」(37歳男性/年収1000万円未満)、「キャリア形成・キャリアプランも含めてすり合わせる」(45歳男性/年収1000万円未満)、「金銭的な面で心配しないよう、家計における金融資産などの情報を共有している」(50歳男性/1000万円以上)、「自分の仕事に対する考え方を話す」(57歳男性/年収1000万円以上)といった声が寄せられました。

調査概要


調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『ミドルの転職』を利用する35歳以上のユーザー
有効回答数:879名
調査期間: 2018年6月1日 ~ 6月28日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP