「子どもの夏休み中の日常生活」に関する意識調査(幼稚園、小学生の子どもを持つ20代~40代の女性対象) 

2018年08月02日

楽天は、幼稚園、小学生の子どもを持つ全国のママ400人を対象に、「子どもの夏休み中のお悩み」に関する意識調査を実施しました。その結果、子どもにとって楽しい夏休みでも、ママたちには悩みがあることが分かりました。

主な意識調査結果


【1】7割以上(74.0%)のママが、「子どもの夏休み中の日常生活における悩みがある」と回答

【2】夏休み中、普段よりも最も大変になる家事第1位は「食事の準備(洗い物などを含む)」
・8割以上(81.3%)のママが「子どもの夏休み中、食事の準備で困ることがある」と回答。
・その理由は、1位「メニューを考えるのが大変」、2位「メニューがマンネリになる」、3位「何度も用意するのが大変」

【3】8割以上(84.0%)のママが夏休み中はいつもより「食事を手抜きをしたい」と回答
・夏休みによく作るメニューTOP3は「そうめん」「チャーハン」「やきそば」
・子どもの夏休み中の外食の頻度は「普段と変わらない」ママが約6割(58.8%)

【4】「夏休みの宿題で大変なものがある」と回答したママは8割以上(83.6%)
・特に大変な宿題は、1位「自由研究系」、2位「読書感想文」、3位「自由に作る図画工作系」の宿題

【5】子どもの夏休み中に、あったら便利だなと思う商品は「レトルトなどの食品」と「宿題に役立つキット」

【6】子どもの夏休み中は、「普段よりも生活におけるストレスが多いと思う」と答えたママは約7割(67.0%)

調査結果詳細


【1】7割以上(74.0%)のママが、「子どもの夏休み中の日常生活における悩みがある」と回答
「家事・お金・子どもの勉強」についてのお悩みが上位3位をしめる

「子供の夏休み中の日常生活にまつわる悩みがありますか」と質問したところ、7割以上のママが、「ある」と回答しました。その内容は、1位「家事が大変になる(69.3%)」、2位「余計なお金がかかる(58.1%)」、3位「子どもの宿題・勉強について(52.7%)」で、どれも50%を超えています。半数以上のママたちが、夏休み中に「家事」「お金」「子どもの勉強」にまつわる、同じような悩みを持っているということがわかります。

【2】夏休み中、普段よりも最も大変になる家事第1位は「食事の準備(洗い物などを含む)」

・8割以上(81.3%)のママが「子どもの夏休み中、食事の準備で困ることがある」と回答。
・その理由は、1位「メニューを考えるのが大変」、2位「メニューがマンネリになる」、3位「何度も用意するのが大変」


お悩み第1位である「家事が大変になる」について詳しく質問すると、普段より最も大変になる家事第1位は「食事の準備(洗い物などを含む)(68.8%)」で、2位の「掃除・片付け(16.1%)」に50ポイント以上の差をつけています。食事の準備が大変な理由としては、1位「メニューを考えるのが大変(85.8%)」2位「メニューがマンネリになる(68.9%)」3位「何度も食事を用意しないといけない(63.4%)」でした。給食がないため、大きな負担になると考えられます。

【3】8割以上(84.0%)のママが夏休み中はいつもより「食事を手抜きをしたい」と回答

・夏休みによく作るメニューTOP3は「そうめん」「チャーハン」「やきそば」
・子どもの夏休み中の外食の頻度は「普段と変わらない」ママが約6割(58.8%)


夏休みのごはんについて質問すると、8割以上のママが「夏休み中はいつもより食事を手抜きしたい」と回答しました。また、夏休み中に「普段より多く外食をするか」という質問には、「普段よりする」が4割弱(37.3%)、「普段と変わらない」が約6割(58.8%)という結果に。また、「普段より多くする」と答えたママの6割以上が、「週1回以上外食している」ことが分かりました。
夏休みの食事の準備の負担は大きいけれど、外食の頻度は普段と変わらない人が多いということがわかりました。

【4】「夏休みの宿題で大変なものがある」と回答したママは8割以上(83.6%)

・特に大変な宿題は、1位「自由研究系」、2位「読書感想文」、3位「自由に作る図画工作系」の宿題

夏休みの子どもの宿題で「大変なものがある」と回答したママは8割以上(83.6%)。特に、「自由研究系の宿題(75.4%)」「読書感想文(52.3%)」は半数以上のママが大変と回答しました。その理由として、自由研究では「何をしたらいいのかわからない」「大人が手伝わないといけない」などの悩みが、読書感想文では「子どものやる気がでない」「どうやって書けばいいのかわからない」という悩みが上位でした。

【5】子どもの夏休み中に、あったら便利だなと思う商品は「レトルトなどの食品」と「宿題に役立つキット」

夏休み中にあったらいいなと思うものを質問したところ、1位は「レトルト、冷凍などの食品(67.3%) 」、2位は「自由研究や工作キット(59.5%)」でした。おもちゃでは、ゲーム以外のものが「あったら便利だ」と思うママが3割以上(36.5%)いました。
夏休みのお悩み第1位である“家事”に関する「食品」、お悩み第3位の”宿題“に関する「キット」が、「あったら便利な商品」の1位と2位になりました。悩みを解決できる商品がママたちに求められていることが分かります。

【6】子どもの夏休み中は、「普段よりも生活におけるストレスが多いと思う」と答えたママは約七割(67.0%)

調査概要


標題:「子どもの夏休み中の日常生活」に関する意識調査
調査主体:楽天ママ割
調査期間:2018年7月5日(木)~6日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:計400名(幼稚園、小学生の子どもを持つ20代~40代の女性 計400名)
     (※子の年齢ごと、ママの世代ごとに均等割付)/地域:全国
調査機関:楽天リサーチ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP