「キャッシュレス決済」についての調査(実店舗での買い物に現金以外の決済方法を利用している人対象) 

2019年02月25日

リビングくらしHOW研究所は、実店舗での買い物に現金以外の決済方法を利用している全国の1360人を対象に「キャッシュレス決済」についての調査を実施。利用しているキャッシュレス決済方法や、利用者が感じるメリットやデメリット、キャッシュレス決済について疑問に思うことや不満に思うことなどについて聞きました。

調査結果


■利用しているキャッシュレス決済の手段トップ3は
「クレジットカード」「交通系電子マネー・カード式」「流通系電子マネー・カード式」
フルタイムは交通系、パート・アルバイトは流通系利用が多い

利用手段は「クレジットカード」が86.3%とトップ。次いで「流通系電子マネー・カード式」44.6%、「交通系電子マネー・カード式」41.9%が続きます。働き方別に見るとフルタイムに「交通系電子マネー・カード式」、パート・アルバイトに「流通系電子マネー・カード式」利用が多いのが特徴です(グラフ1)。

スマホ決済、QRコード決済利用者はそれぞれ、全体ではまだ10%に満たないものの、支払い方法で、現金とキャッシュレス決済、どちらの方が多いかは、ほぼ半数ずつ(グラフ2)という結果になり、日常の生活の中に少しずつ、キャッシュレスの波は入り込んできているよう。また、キャッシュレス決済が「現金≧キャッシュレス」の人に、もっとキャッシュレス決済を利用したいかと聞いたところ、半数が「もっと利用したい」と前向きな意向を示しました。

■使える店が限られる、セキュリティが心配…
キャッシュレス決済に感じるデメリット

カード式電子マネーのメリットは、「キャッシュバックやポイントがたまる」「会計がスムーズ」が半数超え。デメリットは、「店によって使える電子マネーが違う」が約6割でした。そのほかセキュリティ関連の心配が続き、「残高管理がしにくい」「つい、お金を使い過ぎてしまう」も約1/4にのぼります(グラフ3)。スマホ決済利用者が挙げたデメリットでも、「使える店が限られる」「スマホ特有のトラブルやセキュリティ問題」が続くものの、「残高管理がしにくい」は11.0%にとどまりました(グラフ4)。

利用可能店舗が増え自分に合ったサービスが選びやすくなる、しっかりとしたセキュリティ対策、お金の管理が心配という心理的ハードルの払しょく、この3つがキャッシュレス決済普及のカギといえそうです。

調査概要


サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」でのアンケート
■調査期間:2018.12.19~12.25
■調査対象:実店舗の買い物に現金以外の決済方法を利用している女性 /集計数:1360人(平均年齢:44.7歳)
■回答者プロフィール:
 20代以下9.0% 30代28.1% 40代31.5% 50代18.8% 60代以上12.6%
 フルタイムワーク36.3% パート・アルバイトワーク24.3% 専業主婦33.9% そのほか5.5%

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP