家の掃除についての調査 

2013年12月26日
日本リサーチセンターは、全国15~79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。12月のNRC自主調査のテーマは、「家の掃除」です。

【調査結果の要約】

1. 掃除をする頻度は

・【キッチン・台所】、【浴槽・お風呂場】は、ほぼ毎日掃除する人が3割。また、これに加えて【居間・リビング】、【洋室】、【洗面所】、【トイレ】は、週1回以上掃除している人が5割以上と多い。

・【窓ガラス】、【エアコンのフィルター】、【照明器具】は、年に1~2回/3~4回が4~5割と、掃除頻度が少ない。

・男性と女性では、総じて女性の方が掃除の頻度が高いが、【自家用車】だけは、男性が上回っている。

2. 年末の大掃除は

・「毎年年末が近づくと大掃除を行う」のは6割弱にとどまり、「毎年ではないが年末の大掃除をする」が2割強、「年末の大掃除はしない」が、2割近く存在する。

3.「汚れ等が気になる/掃除が面倒な」場所・モノは

・「キッチン・台所」、「浴槽・お風呂場」、「トイレ」、「窓ガラス・サッシ」、「キッチンの換気扇」、「エアコンのフィルター」は、ふだん、汚れ・ホコリ・菌などが気になっているが、掃除が面倒だとも思っている。

・また、女性の方が、総じて気になっている場所やモノが多いが、「自家用車」と「パソコン等のOA機器」は、男性の方が気にしている割合が高い。


【調査結果】

「場所」別の掃除頻度は?
●家の掃除をする頻度を場所ごとにみると、【キッチン・台所】、【浴槽・お風呂場】は、3割が「ほぼ毎日」と回答している。
●また、【居間・ダイニング・リビングダイニング】、【洋室の部屋】、【洗面所】、【トイレ】は、「ほぼ毎日」、「週に3~4回」、「週に1~2回」を含めると、5割以上が、週に1回以上掃除をしている。生活の中心となる居室や水まわりでは、掃除頻度が高いことがわかる。

「モノ」別の掃除頻度は?
●モノについて掃除をする頻度をみると、【キッチンのシンク・流し台】、【キッチンの排水口】、【ガスレンジ・IH調理器】は週に1回以上している割合が比較的高く、キッチンまわり
の掃除頻度が高い。
●一方、【窓ガラス・サッシ】、【エアコンのフィルター】、【照明器具】は、「年1~2回」「年3~4回」という回答が、あわせて4~5割と多く、掃除頻度が高くない。

月に1回以上掃除する「場所」は?
「ほぼ毎日」、「週に3~4回」、「週に1~2回」、「月に1~2回」をまとめて、『月1回以上』としてみると、
●月1回以上掃除をする場所として、最も多いのは【浴槽・お風呂場】(69%)である。
●男女別にみると、すべての項目で女性が男性を上回っている。特に男女の差が大きいのは、【トイレ】、【キッチン・台所】、【洗面所】で、50%近くも差がある。

月に1回以上掃除する「モノ」は?
●月1回以上掃除をするモノで、最も多いのは【キッチンのシンク・流し台】(58%)である。
●総じて女性の方が高いが、【自家用車】だけは、男性が女性を上回っている。また、男女差が小さく、男性でも比較的よく掃除をしているのは、【パソコン等のOA機器】である。
●女性で最も高い項目は、【キッチンのシンク・流し台】で8割以上であるのに対し、男性では【自家用車】が最も高いが、その比率は4割弱にとどまる。

年末が近づくと、家の「大掃除」を行うか?
●「毎年年末に大掃除を行っている」人は、全体の6割近く。一方で、「年末の大掃除はしない」という人は2割近く存在する。
●男女別にみると、女性では6割強が「毎年年末に大掃除を行っている」が、男性では、5割弱にとどまる。

汚れ等が気になる/掃除が面倒な/大掃除をしたい・行った「場所」は?
提示した10項目の「場所」でみると、
●「キッチン・台所」、「浴槽・お風呂場」、「トイレ」は、 【ふだん、汚れ・ホコリ・菌等が気になっている場所】であるが、【「掃除が面倒だ」と思う場所】でもある。
●一方、「居間・ダイニング等」は、 【ふだん、汚れ・ホコリ・菌等が気になっている場所】ではあるが、【「掃除が面倒だ」と思う場所】ではない。

汚れ等が気になる/掃除が面倒な/大掃除をしたい・行った「モノ」は?
提示した12項目の「モノ」でみると、
●「窓ガラス・サッシ」、「キッチンの換気扇」 、「エアコンのフィルター」は、 【ふだん、汚れ・ホコリ・菌等が気になっているモノ】であるが、【「掃除が面倒だ」と思うモノ】でもある。
●一方、「キッチンのシンク・流し台」は、 【ふだん、汚れ・ホコリ・菌等が気になっているモノ】は高いが、【「掃除が面倒だ」と思うモノ】としてはそれほど高くない。

汚れ等が気になる「場所」・「モノ」を男女別でみると?
【ふだん、汚れ・ホコリ・菌などが気になっている場所・モノ】について、男女別でみると、
●総じて男性より女性の方が、気になっている場所・モノは多く、特に差が大きいのは、「キッチンの排水口」、「キッチン・台所」、「冷蔵庫の中」など、キッチンまわりのものである。
●一方、男性が高いのは、「自家用車」や「パソコン等のOA機器」といった、男性にとって身近なモノである。
●また、女性は、「キッチン・台所」>「浴槽・お風呂場」>「トイレ」の順で、男性は、「浴槽・お風呂場」>「トイレ」>「キッチン・台所」の順で、どちらも水まわりが上位である点は同じだが、気になる順位に違いがみられる。


【調査概要】
・調査対象:全国47都道府県の15~79歳までの男女個人
・有効回収数:1200人(サンプル)
 ※エリア・都市規模と性年代構成は、日本の人口構成比に合致するよう割付実施
・抽出方法:住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割当て
・調査方法:NOS(日本リサーチセンター・オムニバス・サーベイによる毎月調査) 調査員による個別訪問留置調査
・調査実施期間:2013/11/29~2013/12/11

その他、詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP