「ワイン」に関する調査(20歳以上の男女対象) 

2019年02月22日

バザールが運営するワイン情報サイト「ワインバザール」は20歳以上の男女4805人を対象に、「ワイン」に関する調査を実施。ワインバザールにて調査レポートを公開しました。

調査のポイント


  • ワインが好きな男性52.4%、女性は49.8%
  • ワイン好きは年齢層が高い傾向に
  • ワイン好きの6割が週1以上でワインを飲む

調査詳細


 ボージョレー・ヌーヴォーがワインイベントとして多くの人に知られるようになったり、スーパーだけでなくコンビニでもいろいろな種類のワインを取り揃えているところが増えてきているなど、近ごろはワイン人気もすっかり定着してきているようです。また、チリワインやカヴァなど、お手頃価格なワインの人気も気軽に楽しめる理由のひとつとしてあるのではないでしょうか。
 先日ワインバザールが行った調査「日本人はビール好き! 83.9%が月に1回以上飲んでいる」でも、「ビール」や「サワー/チューハイ」に続いて「ワイン」がよく飲まれているお酒の3位になりました。実際に、ワイン好きな人はどのくらいいるのでしょうか。ワインが好きかどうか聞いてみました。

■ワインが好きな男性52.4%、女性は49.8%
 20歳以上の男女4805人にワインが好きかどうか聞いた結果、「とても好き」(18.7%)または「どちらかと言えば好き」(33.7%)と答えた男性は52.4%、「とても好き」(21.3%)または「どちらかと言えば好き」(28.5%)と答えた女性は49.8%でした。
 全体では男性が2.6ポイント高く、「とても好き」と答えた人だけを見ると女性が2.6ポイント高くなっています。

■ワイン好きは年齢層が高い傾向に
 年齢別に見てみると、「20~29歳」で「とても好き」(16.9%)、または「どちらかと言えば好き」(27.9%)と答えたワイン好きは44.8%ですが、「60歳以上」では57.8%と13.0ポイント高くなっています。ワイン好きは若い世代よりも、シニア世代に多いようです。

■ワイン好きの6割が週1以上でワインを飲む
 ワインが「とても好き」と答えた人はワインを飲む頻度が高く、「週に1回程度」以上と答えた人は58.2%でした。「ほぼ毎日」飲むと答えた人も16.8%いました。


「ワインバザール調べ」

調査概要


調査方法:インターネット調査
調査対象: 20歳以上の男女 4805名
集計期間:2019年2月11~13日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP