機内食に関する調査(10代~70代男女対象) 

2018年08月24日

エアトリは、10代~70代の男女1,089名を対象に「ビーフorチキン?(機内食)」に関するアンケートを実施しました。

調査背景


 海外フライトでの楽しみといえば機内食です。機内食は近年、調理法の進歩や各航空会社の企業努力だけでなく、高級レストランや大手外食チェーンとのコラボメニューなどが多く企画されるなど、質の向上がめざましく、メニューも多様化しています。エアトリでは全国1,089人を対象に、「ビーフorチキン?(好きな機内食)」について、アンケート調査を行いました。

調査結果概要


調査1:「ビーフorチキン?」好きな機内食を教えてください。
 全国1,089人を対象に行った「ビーフorチキン?」において、1位は「ビーフ」の518票で、全回答者の48%がもっとも好きな機内食として選ぶ結果となりました。男女別では、男性が53.5%、女性が41.7%、特に60歳以上男性は59.8%が「ビーフ」を選択し、男性を中心に高い支持を得る結果となりました。
 次点は「チキン」の338票で、回答者の31%が好きな機内食として選びました。男女別では、男性が28.8%、女性が33.3%という結果で、特に10代~30代女性においては41.8%が「チキン」を選択し、32.7%の「ビーフ」を上回る結果となりました。また、その他と回答した89人の内訳では、33.7%が「スペシャルミール」と回答しました。

調査2:好きな機内食として選んだ理由を教えてください。(複数回答可)
 好きな機内食として選んだ理由を聞いたところ、「それぞれの料理が好きだから」がもっとも多い回答となりました。「ビーフ」を選んだ理由では、「お得感があるから」「食べごたえがあるから」が合わせて(24.4%)と、ボリューム感・満腹感を求めて選ばれていることがわかりました。
 「チキン」と「フィッシュ」を選んだ理由として「ヘルシーだから」(チキン16.5% フィッシュ29.7%)が高い回答率となり、10代~30代の多くの女性が健康を重視し選択していることがわかりました。他にも、「チキン」を選ぶ理由として、「ビーフ」などに比べて味が安定しているなど、「ハズレが少なく無難」と11.6%が回答する結果となりました。

調査3:機内食にまつわる皆さんの思い出を教えてください。
・「朝食メニューに牛丼が出た時は驚いた」(40代/女性)
・「英語が苦手なので、言いやすいチキンをお願いすることが多い」(60代/男性)
・「以前、「チキンorフィッシュ?」と聞かれ、“フィッシュ”と答えたら、”グッドチョイス”と言われた。
「どうして?」と聞くと、チキンはもうないからとの返事。笑いました」(60代/女性)
・「エアフランスのビジネスクラスでケーキやチーズなど次々と出てきて寝ている場合じゃなかった」(40代/男性)
・「凄い乱気流の時に自分だけ料理が来て 必死に押さえて食べた。降りるときに「申し訳ありませんでした」と記念品をもらい、「食べたのに」と笑いました」(50代/男性)
・「タイからクアラルンプールで出た朝食“ナシルマ”が美味しかった」(70代/男性)
・「大韓航空の焼きコチュジャンが絶品です」(60代/男性)
・「インド国内線では、必ずカレーが出ます」(50代/男性)

調査概要


調査タイトル:「好きな機内食」に関するアンケート調査
調査対象: 10代~70代の男女1,089名
調査期間:2018年7月29日(土)~8月5日(日)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP