主婦の食卓事情に関する実態調査(20~49歳の有職主婦対象) 

2018年10月04日

キッコ―マン食品は、首都圏の一都三県在住(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の働く主婦335人を対象に、日々の食卓事情や献立づくりに関する調査を実施いたしました。

調査結果


●働く主婦の食卓お悩みランキング!1位は「献立が決まらないこと」

今回、働く主婦335人を対象に日々の食卓事情の調査を実施。どれ位の頻度で夕食を作っているか調査した所、57.0%が「毎日」、29.0%が「週5~6日」と回答し、8割以上の方がほぼ毎日夕食を作っていることがわかりました。さらに、そうした日々密接にかかわる料理に関するお悩みごとに関しては、66.9%が「献立が決まらないこと」と回答しました。食材や調理の手間よりも、ほぼ毎日考えなくてはならない「献立」に頭を悩ます主婦が多いようです。

夕食をつくる頻度
・毎日 57.0%
・週5~6日 29.0%
・週3~4日 8.1%
・それ未満 5.9%

日々の料理に対するお悩みランキング
・献立が決まらないこと 66.9%
・買い物や食材の準備に手間がかかること 60.9%
・調理に手間がかかること 58.5%

●夕食の献立を考えるのはいつ?通勤中が最多に

多くの主婦たちの頭を悩ませる献立決め・・・忙しい一日の内のどのタイミングで夕食の献立を考えているか調査しました。50.4%が「通勤先から自宅に戻るまで」と回答し、忙しい合間を縫って帰りの電車の中や移動中に献立を考える人が多い結果となりました。次いで50.1%が「食材の買い物をしながら」と回答。実際にスーパーなど食材売り場を回りながら献立を決める主婦も多く見られました。

夕食の献立を考えるのはいつ?
・通勤先から自宅に戻るまで 50.4%
・食材の買い物をしながら 50.1%
・仕事の休憩時間 36.7%
・自宅から勤務先までの通勤途中 35.2%
・起床から自宅を出るまで 26.3%
・週末にまとめて 20.6%

調査概要


調査名:主婦の食卓事情に関する実態調査
調査対象:20~49歳の有職主婦 335名
実施期間:2018年9月20日~9月24日
実施方法:インターネット調査
対象地域:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP