全国郷土寿司人気ランキング(20~69歳対象) 

2018年10月26日

Mizkan Holdings(ミツカン)は、11月1日=“寿司の日”を前に、全国郷土寿司人気ランキングを発表しました。

11月1日は、“寿司の日”です。
寿司のルーツは東南アジアにあると言われており、奈良時代以前に日本に伝わったとされています。江戸時代中期頃、現代のお寿司の原型となるお酢を使った「早ずし」が誕生しました。各地域の食文化や特産物と融合する中で様々な郷土寿司が生まれ、現在も全国で愛されています。
ミツカンは“寿司の日”を前に、日本人の寿司に対する意識や、郷土寿司に関する調査を行い、情報ファイルとしてまとめました。

調査結果のポイント


■寿司に対する意識
・一番好きな日本食として寿司をあげる人は43.6%、2年連続で最も多かった。年代、性別関係なく、寿司は最も好まれている日本食であった。
・寿司が「好き」と答えた人は7割を越え、「まあ好き」を加えると約9割だった。
・寿司の中では「にぎり寿司」の人気が最も高く、9割以上が「好き」「まあ好き」と答えた。
■寿司の日の認知
・寿司の日の認知は8.2%であり、昨年とほぼ同程度だった。
・寿司の日を知っている人のうち、実際に寿司を当日食べたという割合は69.1%と7割近かった。
・寿司を食べたイベントとしては、お正月や誕生日、年末、お盆が上位にあがり、家族や仲間が集まる行事が食シーンとなっている。
■郷土寿司ランキング
・郷土寿司の認知度は京都府の「サバ寿司」が最も高く、東京都の「江戸前にぎり寿司」、富山県の「マス寿司」が続いた。
・喫食意向としては東京都の「江戸前にぎり寿司」が最も高く、北海道の「蝦夷前寿司」、岩手県の「前沢牛の寿司」が続いた。

調査結果


■寿司に対する意識

好きな日本食は「寿司」という回答が圧倒的に多く、年代、性別を問わず好まれています。
・全体の43.6%が、好きな日本食として寿司をあげている。
・すき焼き(11.7%)、うどん(8.1%)が次に続く。
・年代別で見ても、寿司と答えた割合が圧倒的に多い。

日本食の中で、一番好きなものは何ですか?(SA)
寿司 43.6%
すき焼き 11.7%
うどん 8.1%
刺身 7.8%
てんぷら 6.7%
鍋料理 6.4%
そば 6.2%
鰻のかばやき 5.3%
おせち料理 0.3%
どれも好きではない 3.9%

寿司を好む層は約9割、中でも「にぎり寿司」が人気です。
・「寿司が好きか?」という質問には、70.9%が「好き」と回答。「まあ好き」を加えると、約9割だった。
・寿司メニューではにぎり寿司の人気が高く、9割以上が「好き」「まあ好き」と答えた。

■寿司の日の認知

11月1日が「寿司の日」であることは認知が低く、8.2%。
・「寿司の日」を知っている人の約7割が、当日に寿司を食べていた。
・「寿司の日」を知ったきっかけは、テレビや新聞などのマスメディアが多かった。
・イベントとしては、お正月や誕生日、年末、お盆など家族や仲間で集まる行事で多く食べられている。

この数年であなたが寿司を食べたイベントはありますか?(MA)(上位15位)
お正月 34.2%
誕生日 25.8%
年末 16.1%
お盆 14.5%
ひな祭り 14.2%
節分 12.2%
母の日 7.8%
お祭り 7.3%
クリスマス 6.8%
父の日 6.6%
子供の日 5.6%
敬老の日 5.0%
寿司の日 3.0%
その他 2.8%
七夕 2.7%

■郷土寿司ランキング

寿司の中ではにぎり寿司が圧倒的な人気を誇っていますが、日本には地域に根付いたさまざまな郷土寿司があります。
今回は、47都道府県を代表する郷土寿司の中から「知っている」「食べてみたい」メニューを調査し、ランキングとして発表いたします!

郷土寿司「知っている」ランキング
1 サバ寿司(京都府)
2 江戸前にぎり寿司(東京都)
3 マス寿司(富山県)
4 柿の葉寿司(奈良県)
5 フナ寿司(滋賀県)
6 柿の葉寿司(鳥取県)
7 ばら寿司(岡山県)
8 大阪寿司(大阪府)
9 納豆巻き(茨城県)
10 箱寿司(島根県)

郷土寿司「食べてみたい」ランキング
1 江戸前にぎり寿司(東京都)
2 蝦夷前寿司(北海道)
3 前沢牛の寿司(岩手県)
4 手こね寿司(三重県)
5 大阪寿司(大阪府)
6 柿の葉寿司(奈良県)
7 ニジマス寿司(群馬県)
8 マス寿司(富山県)
9 ばら寿司(岡山県)
10 箱寿司(島根県)

調査概要


調査主体:株式会社Mizkan Holdings 役員室 広報グループ
調査テーマ:寿司に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
対象エリア:全国
調査対象:20~69歳 計2,820名
調査実施期間:2018年10月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP