料理・キッチン家電に関する調査 

2018年09月06日

ディライトクリエイションは、「オリひと 男の料理研究所」において、料理・キッチン家電に関するインターネット調査を実施しました。

調査の結果、女性は「毎日食べるものをより便利に美味しくする」家電を、男性は「こだわりをもって作る、すこし特別感のある料理のため」の家電を、それぞれ購入したいと考えていることが分かりました。週末に張り切って料理をするパパなどは、普段は作れないメニューのために時間や手間をかけ、新しい家電を積極的に試したいと考えているようです。

また、男性が購入したいと思うキッチン家電は、結婚前後で女性よりも大きく変わることが分かりました。未婚男性は電気ケトルやトースターのような、出費の大きくない必需品を中心に揃える傾向がありますが、結婚後は意識が変わり、「より良いもの」、「より美味しいもの」の購入意欲が高まるようです。

調査トピックス


  • 男性は特別な料理へのこだわりを、女性は日常の料理での楽しみを大切にする
  • 結婚前後で変わる男性のキッチン家電への興味。結婚は男の料理の大きな転換点

調査結果


1.男性は特別な料理へのこだわりを、女性は日常の料理での楽しみを大切にする?!

「現在 購入を検討しているキッチン家電」をたずねたところ、女性は「電気圧力鍋・マルチクッカー」が、男性は「ノンフライヤー・電気フライヤー」がもっとも多い結果となりました。

電気圧力鍋のほか、男性よりも女性で購入したい人が多かったのが、ホームベーカリー・ホットプレート・トースターなどです。一方、ノンフライヤー以外で購入意欲のある男性が多かったのは、低温調理器・燻製器・ワインセラーでした。

女性からの人気が高かった電気圧力鍋やホームベーカリーなどに共通するのは、「毎日食べるものをより便利に美味しくする」家電であるという点です。毎日料理をしている人が多い女性だからこそ、日常の料理を便利・おしゃれに楽しみたいという意識が強いのかもしれません。

男性について、人気の高かった低温調理器・燻製器・ワインセラーは、必ずしも毎日の料理に必要な家電ではありません。日常の料理のためというよりも、「こだわりを持って作る、すこし特別感のある料理のため」の家電と言えるでしょう。男性の料理については、「週末により多く料理をしている」という結果も出ています。週末に張り切って料理をするパパなどは、普段は作れないメニューのために時間や手間をかけ、新しい家電を積極的に試したいと考えているようです。

2. 結婚前後で変わる男性のキッチン家電への興味。結婚は男の料理の大きな転換点

興味深いことに、男性が購入したいと思うキッチン家電は、既婚者と未婚者で大きく異なることが分かりました。
ノンフライヤー・電気圧力鍋・低温調理器・ワインセラーは既婚男性がより好むことが多く、電気ケトル・コーヒーメーカー・トースターは未婚男性の方が購入を検討しやすいようです。女性の場合は、既婚者と未婚者の差は男性ほど大きくありませんでした。

この違いの理由としては、独身男性が合理性を重視する消費感覚を持っていること、結婚して家庭を持った後に意識の変化が生じることが考えられます。

独身のあいだは、男性は電気ケトル・トースターのような出費の大きくない必需品を中心に揃える傾向にあります。しかしその後、結婚を機に意識が変わり、「必要な機能を満たせば良い」から「良いモノを使い、調理法にもこだわりたい」と考えるようになっていると考えられます。そして自分で作る料理についても、「食べられれば良い」から「より美味しいものを作りたい」という意識が強まっているでしょう。

男性の特徴として、一人で暮らしているときには必要最低限の機能を備える商品・サービスで満足し、結婚して人と一緒に暮らすようになるとこだわりを持つようになるという変化が起こっているようです。

調査概要


調査対象:全国の男女
回答数:1,178名
調査期間:2018年7月20日~2018年7月30日
調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP